2008年10月11日

50 第15回長良川WWFスプリント/一日目(長良川4)

水位:0.30m(稲成) 気温:23℃(八幡) 天気:曇りのち晴れ 区間:<予選>ホーセン〜法伝橋 <リエゾン>法伝橋〜講和橋 <決勝>三段の瀬
メンバー:tomoさん、コニー、会長


 この三連休は長良川ホワイトウォーターフェスティバル(長良川WWF)に参戦してきました。

 長良川カヤッククラブことNKC会長とのチーム「シャレコウベ」で、あらゆるダッキーのレースに優勝するという目標を立てた今シーズン。まあ目標といっても何か特別に練習をするわけでもなく、会長はフリースタイル、私はラナと川下りという各々気ままな週末を過ごしてきたわけですが、これまでリバベン、天竜川WWFと順調に制覇してきており、悲願達成まであと一歩の王手というところまできています。

 この長良川WWFの特徴は、休日三日間をフルに使い、初日のスプリント、中日のスラローム、最終日のダウンリバーという三種の多彩なレースが行われ、その総合ポイントで順位が決まるという点。つまりただ流れを読むのがうまいだけとか体力自慢というだけではダメでして、戦術、技術、体力のバランスが取れていないと勝てないという、他の大会と比べてなかなかに難しいところのある大会なのであります。

 今回、身内からの参加はコニーとtomoさんの「コニーとトミー」。二人のコンビは初めてというインスタントチームですが、個々のスキルは高く、決して侮れません。チームワーク次第では我々が食われる可能性だってあります。
 その他には常連の古豪美並カヌークラブ、そして新星テイケイの練習生肉じゅばんと鳥大UNKO-MANのチームが出ているはず。今年のWWFはいつにもまして混戦になることが予想されます。

 予選は例年通り宝泉郡上から法伝橋までの約1,000m.
 水位は稲成観測所で0.30mとかつてない渇水ぶりです。コースのほとんどが瀞場なので、ほぼ純粋な体力勝負となりそう。平日の疲れを抱えたまま、ろくに眠らず長距離ドライブで当日現地入りする社会人チームにはきついコンディションですが、こればかりはどうしようもありません。
 出せるだけの力を振り絞って漕いだ感触は、可もなく不可もなくという感じ。コースはミスなく下れましたが、残りの1/3でスタミナ切れを起こして失速してしまいました。
 ところで、UNKO-MANの姿がどこを見渡してもありません。
 「どうも、ぎっくり腰で欠場らしいで」
 会長が鳥大Nの君に聞いてきました。直前でダッキーを抱えた際にやられたらしいです。

 三段の瀬まで、リエゾン区間を航下。本日ラナと一緒に下れるのはこの区間だけです。途中、コンクリの瀬ではKYOKOさんたちと久しぶりに顔を合わせることができました。

 決勝会場の三段の瀬に到着すると、肉じゅばんが来ていました。
「学生最後の大会が欠場なんて最悪ですよ…」
 肉じゅばんは天竜川の戦いの敗北後、臥薪嘗胆の思いでカヤックを買い、ダブルブレードの練習をしまくっていたらしい。とんでもない奴です。
 彼らが欠場と聞いて、ほっとした気もありましたけど、やっぱり気が抜けてモチベーションがガクンと下がったというのが正直な気持ちですね。非常に残念でした。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 06:13| Comment(3) | TrackBack(1) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

49 復帰(多摩川14)

水位:-2.45m(調布橋) 気温:23℃(青梅) 天気:晴れ
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:花鳥、G君、後輩1号


 嫁さんが約1年ぶりに復帰しました。ご懐妊後、禁酒禁煙禁川と非常に制約の多い日々を送ってきましたが、川についてのみですがようやく禁が解かれました。実に、去年の長良川カヤッククラブ秋の総会(11/10〜11)以来というおよそ一年ぶりとなる川下りです。

081004mitake02.jpg

 一年ぶりだから怖いそうです。ということで、学生時代の大先輩でもあるジェントル花鳥がサポートについてくれました。
 てゆうかあんた、昔小歩危も下ってるから、たいていの川やったらそんな心配せんでも大丈夫やって…。

081004mitake04.jpg

 嫁が下っている間、私は車内で川太郎とお留守番です。
 ちなみに新しいクルマはエクストレイルになりました。
 憧れの「川」ナンバーです(笑)。

081004mitake14.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

48 秋川中山峡を下る(秋川2)

水位:1.01m(秋留橋) -0.84m(東秋留橋) 気温:15℃(青梅) 天気:曇り
区間:和田橋〜乙津橋(2.7km) メンバー:花鳥、G君


 9月最後の週末は多摩川支流の秋川へ。
 自身の都合、メンバーの都合(高スキルのメンバー1人以上の同行が必要)、そして水量(普段水量不足で下れない)の三拍子が揃わないと下れないという、なかなかにプレミアム度の高いダウンリバーを実現できました。

 ◆秋川・中山峡コース川地図


大きな地図で見る

 今週はなぜか水量の減りが鈍く、何とか持ちこたえてくれたので予定通り秋川で決行。狙うは先週下る予定だった中山峡です。
 G君が午後から出勤のため、10時までに終了する必要がありました。よって現地集合は7時の予定。はやっ!

 自宅を出たのは5時。最近日の出がすっかり遅くなり、まだ外は真っ暗でしかもやたら寒い。しかし早朝だけあって渋滞は皆無で1時間もかからないうちに武蔵五日市駅に到着。近くの公園で夜を明かしたG君を拾い、和田橋へ。
 予定より早く花鳥がやって来たこともあり、出艇は7時半。
300mほど漕いだところで核心部中山の滝です。右岸に乗り上げて下見開始。

080927akigawa09.jpg

 ◆核心部・中山の滝

 中山の滝へ下りる道には、以下のように書かれた看板があります。

 「檜原村内の豊富な水が滝口六メートルの幅に狭まってごうごうと流れ込むこの滝は、両側を囲む岩肌の上から眺めると、小さいながら迫力のある男性的な景観が楽しめます。
 「風土記」にも「鮎跳滝」として登場し、遡上する鮎やヤマメをすくって捕っていたと記されています。」


 <壱の滝>

 この中山の滝は実は三部作で、ここは正確には壱の滝というらしい。また、「アメリカ淵」の名前でも知られています。

 出だしということもあり、レスキュー態勢を取った上で、G君、花鳥、私の順で下りました。ラナは念のため陸路をポーテージ。
 滝への入り口はかなり狭い。加速をつけようとするとパドルが岸壁に当たり、まともに入れられません。向きを整えているうちに落ちてしまい、感触はイマイチでしたが、リンクスの浮力のおかげで余裕でクリア。



 <弐の滝>

 次は弐の滝。ここから先は車道から見えない区間に入るので、都度上陸して下見しながら下っていくことになります。

080927akigawa11.jpg

 下見の結果、落差は1mもなく、また流れも素直なのでレスキュー態勢不要で一気に下りました。
 花鳥はなぜだか宙を舞っていました。



 参の滝はまだ見えません。このあたりから川の流れはいよいよ細くなり、岩壁を穿つようにして渓谷を刻んでいます。うーん、最高の眺め。

080927akigawa13.jpg

 弐の滝の下にはプレイスポットがありました。キレイなウェーブでしたが、落差がもう一つでカヤックでは残りにくいみたいです。

080927akigawa16.jpg

 <参の滝>

 スポットから先はゴルジュ帯。右に大きくカーブした先についに参の滝登場。下見の結果、ここも険悪ではないので一気に下りました。




 この先、川の流れは檜原街道を外れ、大きく蛇行しています。定説では核心部が現れてもおかしくない場所ですが、ゴルジュは後退して川幅が広がり、インコースには小さな川原ができていました。静寂に包まれ、早朝の秋風の冷たさとあいまって、あたかも時が止まっているかのような感覚に襲われました。

080927akigawa20.jpg

 紀伊半島の大塔川を下ったときのことがふと思い浮かぶ。ここは日本の首都たる東京都内なのに、どうしてイメージが重なるんでしょう。すごいわ、東京都。

 その後も優しく穏やかな流れは続き、テイクアウト地点に到着。時刻は9時。所要時間は約90分でした。
 難度は桂川のロワー部とそれほど変わらないという印象です。ただ水質が、下水混じりの桂川とは違いました。丹波川といい、日原川といい、多摩川水系の上流部は水質が良い川が多いですね。しかも特筆すべきは、上流域に多い砂防ダムが見られず、下る区間を好みに合わせて比較的自由に設定できる点。多摩川といえば首都圏を流れる河川の代表的存在ですが、これだけの好条件を備えた水系は全国的に見ても意外と少ないのではと思います。自宅から1時間くらいで遊びに来れるし、ひょっとしたら大阪におった時よりもええ環境なんかもしれません。

080927akigawa29.jpg

 結局、瀬のまとまった区間は中山の滝だけで、残りは癒し系だったため若干肩すかしを食った感もありましたが、数少ない下るチャンスをものにできたという満足感で気持ちは満たされました。
 片付け終わったのが9時半。少し時間が余ったので、上流部の橘峡に行ってみることに。怖いので下見だけです。

 ◆橘峡核心部・吉祥寺滝

080927akigawa35.jpg




 うう、行けないことはなさそうですが…。
 一度コースを誤ると怖い。右岸はアンダーカットやし…。
 しかしレスキューが万全なら、ぜひチャレンジしてみたい。瀬の最後に一人、真ん中に二人くらい。
 誰かここを下りたいという酔狂な人はいないものですかね…。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 14:41| Comment(6) | TrackBack(1) | 関東>秋川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

47 寸止め(多摩川13)

水位:-2.31m(調布橋) 気温:22℃(青梅) 天気:曇りのち雨
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:G君


 台風一過。8月末の大雨ほどではありませんが、静岡、山梨を中心に軒並み増水しており、よりどりみどりの大チャンス到来です。しかしまだ生まれて間もない子の父親としては、できるだけ家族の傍にいてやりたい。ということで、さっさと下れてさっさと帰れる御嶽でも漕ごうかなと考え、とりあえずG君に声をかけてみましたが、思ってもみない回答が帰ってきました。

 「あの〜、秋川なんてどうですかね?」

 秋川ね…。水あんのかな? いまいち懐疑的な私。
 しかし彼のたっての希望もあり、結局は秋川に向かうことにしました。
 車窓から吹き込んでくる風は湿気を帯びていましたが、秋の訪れを感じさせる冷たさがありました。そして空には暗くて重い鉛色の雲が広がっています。G君と漕ぐときはなぜだかかなりの高確率で雨が降ります。すかっとした秋晴れなんて最初から期待はしていません。想定の範囲内です。

 秋川は、水量が足りないだろうというのと、まだ釣竿が入っているだろうというのでイマイチ乗り気ではありませんでした。しかし考えてみれば、ダメなら御嶽に行けばいいだけのことで、30分くらいロスするだけで済むのです。
 和田向橋に到着。今回の狙いは橘橋から乙津堰堤までのアッパー区間です。この区間の核心部は「中山の滝」。

 前回大増水時は3mくらいの落ち込みに見えましたが、今回は1m強といったところ。

080921mitake02.jpg

 そして、下るに充分な水量があります!



 中山の滝は、細かくは壱の滝、弐の滝、参の滝と分かれる三部作らしい。車道から見た限り、弐の滝とおぼしき落ち込みは見えますが、参の滝までは確認できません。

080921mitake04.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 19:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

【番外編】リンクス修理

 愛艇リンクスII.
 このアクア色のダッキーを購入したのは1997年でしたから、かれこれ11年が経ってます。出撃回数はおよそ400回くらいやないかと思います。私のカヌーライフの歩みそのものといっても過言ではありません。
 しかしその間、シートの破損、バルブの劣化、インナーチューブのパンク、アウターチューブの裂傷などあちこちが痛んでしまい、すでに満身創痍です。とくにアウターは船底に2mを越える傷跡が残っており、定期的に接着剤でメンテしてやる必要があります。

 そして、先々週の天竜川の戦いでまたさらに傷ついてしまいました。今度はアウターチューブのジッパー縫製部の糸が経年劣化により切れてしまい、バースト一歩手前になってしまったのです。
 長い間本当にありがとう。もういいんだよ、お休み…と言ってやりたい気もしますが、正直な気持ちを言えばもっともっと頑張ってもらって、できるだけ行動を共にしたい。ということで、ほつれた部分を手縫いで補強することにしました。

080920repair20.jpg

 マンションの自転車置き場に広げて作業開始。ラナは川に連れてってもらえると思っていたらしいですが、騙されたと知り不機嫌です。

080920repair21.jpg

 生地がすごい厚いので糸を通すのに手を焼きましたが、2時間ほどかかってようやく終了。エア注入してテストしましたが、大丈夫そうです。これで、来月の長良川WWFも共に戦えるかな…。

080920repair27.jpg


ニックネーム ラナ父 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする