2008年11月01日

55 半年ぶりに桂川(桂川7)

水位:1.37m(大月) 1.13m(桂川強瀬) 気温:19℃(大月) 天気:晴れ
区間:曙橋〜桂川清流センター(約7.2km) メンバー:F●CK元やん、G君、後輩1号(回送)


 寒くなってきました。寒さにはめっぽう強いラナも、夜半は丸くなることが増えてきました。

081101katsura02.jpg

 御嶽も長瀞も水位がどんどん下がり、冬季のそれに近付いてきました。そこで今日は、水量が比較的残っている桂川へ。鮎釣りが盛んなためずっと遠慮してましたので、ここに訪れるのはかれこれ約半年ぶりとなります。
 本日はG君がいるのに珍しく秋晴れの青空が広がっています。G君の他にはなんと、福島カヌー教会(FCK)の元やんさんも一緒でした。
 元やんさんとは夏の御嶽以来です。ちなみに、「元やん」(元+愛称の「やん」)のことを「元ヤン」(元ヤンキー)と解釈される方がたまにいはるらしいですね。しかもあひるBの某女性メンバーが、FCK(福島カヌー教会)の存在を知らず、FCKをF●CKと読み違え、リバーネームを「F●CK元ヤン」と解釈し、かなり怖い人だと思われていた、という話を聞き、思わず吹き出してしまいました。どんなリバーネームやねん。

 そんな話をしながら出艇。予想通り水量がありますので、鳥沢ホールが遊べるかもしれないと思い、プットインは曙橋にしました。テイクアウトはいつもの清流センターです。

081101katsura03.jpg

 水は清冽。秋の優しい陽射しを受けて、碧色に輝いています。桂川ってこんなにキレイやったっけ?

081101katsura11.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:42| Comment(8) | TrackBack(1) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

54 カヌーの秋、子守りの秋(荒川4)

水位:1.32m(親鼻) 流量:10t?(玉淀ダム流入量) 気温:21℃(寄居) 天気:曇り
区間:栗谷瀬橋〜長瀞キャンプ村
メンバー:Actonさん、Tさん、サスケさん、takeさん、サチさん、ロミさん、すじぽん、G君、後輩1号、IKEDA


 あひるブラザースのメンバーが長瀞に集結するということで、我々も参加させてもらいました。先々週の長良川行きで予算を使い果たしてしまったので、行程は圏央道入間ICから下道です。自宅から現地までの距離は大体100kmくらいなのですが、約2時間半強もかかりました。
 てか、圏央道って便利やけど高すぎですね。帰りは八王子ICまで下道やな…。

 ということで、集合時間より少し遅れてしまいました。すみません…。
 本日集合したメンバーは、Actonさんとそのご友人Tさん、サスケさんにtakeさん、サチさん、ロミさん、すじぽん、G君、そしてIKEDAです。合計11名と2匹です。
 G君以外のあひるBメンバーは結構ご無沙汰です。takeさんとこの黒犬JETも久しぶり。

081025nagatoro24.jpg

 昨日の雨で増水を期待していましたが、思いっきりハズレでした。増えていないどころか渇水気味です。プットインの川原には、前回訪問時にはなかった大きな中洲が出現しています。そういや台風、全然来なかったもんなあ。今年はコンスタントに水量が多い、非常に恵まれた年でしたが、この先秋の深まりと共に雨量には期待できなくなるので何だか寂しい気分です。

 出発は11時頃になりました。10人と2匹が合計9艇の艦隊を成して進んでいきます。そう、今回も私は川太郎の子守でお留守番です。テイクアウトは長瀞キャンプ場。抱いていないと微妙にグズるので、スリングに包み、キャンプ場内の閑静な木立の中を散策して時間をつぶしてました。

 一方、カヌー組は賑やかに楽しんでいたようです。遊船の発着場では、花鳥より始まり、長瀞といえばもはや必須イベント化しつつあるきゅうり漬!
 みなさん、「キュウリ最高ー!」とか花鳥っぽく興奮してたかどうかは不明です。

081025nagatoro48.jpg

 ダッキーは全部で8艇。インフレータブルカヤックのデパートです。日本全国のショップを探しても、ここまで多種多彩のダッキーを目にすることはできないでしょう。
 メジャーどころではAIREのリンクス、ストライク、セビラーのSVX‐100、OURSの旅鴉。そしてマイナーどころではグモテックスのオリノコ、超マイナーどころではNRSのバンディットが3艇あります。なぜか最もマイナーなはずのバンディットがシェアの4割近くを占めています。

081025nagatoro52.jpg

 14時頃になってようやくみなさんキャンプ場に到着。のんびりまったり楽しまれたようですね。お疲れ様でした。とくに日頃外出の機会の少ない嫁は大変喜んでました。楽しい一日をありがとうございました!

 ※写真はActonさんからいただいたものを使用させていただきました。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

53 あの話(多摩川15)

水位:-2.48m(調布橋) 気温:21℃(青梅) 天気:曇り時々晴れ
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:後輩1号(回送)


 長良川の大会も終わり、いよいよ秋深まるシーズンとなりました。
 気温の上昇が遅くなり、またどこの川も水が引いてきて、だんだんと選択肢が狭まってきてます。今週はとりあえず、嫁さんと交代で漕げる川ということでいつもの御嶽に出撃してきました。

 御嶽はカヤックを始めハイキング、ボルダリングなど相変わらず多くの人で賑わっていましたが、夏場に比べればやはり減りましたね。
 ミソギに到着しましたが、貸切り状態でした。

081019mitake04.jpg

 水は相変わらずキレイです。去年の今頃、関東に転勤でやってきたときは泥水でドロドロだったんですがね。よくもまあここまで復活したもんやなあとしみじみ思いました。

081019mitake08.jpg

 今日の水位でのミソギはキープ力が小さいですが、横向きなら充分に捕まります。何とか連続で3回転半できました。
 その後、思い立ってカメラを岩場に設置して撮影してみました。1回転しかできず内容はイマイチでしたが、自分の動きが客観的に捉えられるので、動作の改善に役立ちそうです。



 さあ、ここでしばらく遊ぼうかな、というときに下流の岩場から初老のおじさんが登場。どうも30分ほど前にミソギで沈して、パドルを流失されたそうで辺り一帯を探しているそうです。

 周辺のエディーを一緒に探しましたが見つからず。さらに話を聞いていると、タンデムのファルトで下っており、相方は下流に流されてまだ合流していない、さらにノーヘルと、かなり危ないニオイがしましたので、スポットプレイは切り上げて、ダッキーの前に乗ってもらい、ファルトはロープで牽引してパドルを探しながら下流へ向かいました。

 300mほど下流で相方を発見。彼もパドルを流失したらしい。彼には陸路を取ってもらうことにして、我々はそのまま二俣尾のテニスコートまで下りました。残念ながらパドルは二本とも見つからずでしたが、無事で何よりでした。何でもスタートしたのが楓橋(ミソギのすぐ上流)だったそうで…。最初の瀬でパドルを流失し、リタイヤしたのは不幸中の幸いだったかもしれません。
 ちなみにどうでもいいことですが、例のおじさんはラナのことをずっとハナと呼んでいました。

 しかしこの話、どっかで聞いたことあるなあと、帰途ずっとデジャヴを感じていましたが、帰宅後に思い出しました。あの話です。

ニックネーム ラナ父 at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

52 第15回長良川WWFダウンリバー/三日目(長良川6)

水位:0.26m(稲成)気温:22℃(八幡)天気:晴れ
区間:新三日市橋〜子宝温泉下 メンバー:tomoさん、コニー、会長
応援:会長嫁、後輩一号、川太郎


 長良川WWFもいよいよ最終日。ダウンリバーを残すのみとなりました。最後のトリを飾るダウンリバーは、新三日月橋から子宝温泉までの約8kmという長距離の航下タイムを競う種目です。ポイント配分が高く、最高400点獲得できるため(SP;SLは300点)、一発逆転のチャンスが大きいのが特色です。

 このダウンリバーの明暗を分ける要素とは、いかにトップスピードを維持できるかということに尽きると思います。
 そのために要求される力とは、徐々に削られてもペースを落とさずに漕ぎ続けられる持久力。ここでいう持久力とはマラソンのような心肺能力ではなく、両腕の筋持久力を指します。
 そして、エディーに食われたり、スタックすることなく、常にメインカレントを維持できる川の流れを読む力。以上の二点だと考えます。

 前者は正直、不安要素です。スプリントですでに予兆が出ていましたので。とくに今日のような渇水では瀞場が多く、この持久力を求められる比率が高い。しかしながら後者は強みだと思っています。過去何十回と下り、しかも前日に下見を済ませ、航下コースはインプット済みです。

 日頃川下りをメインで楽しんでいる私にとって、ダウンリバーは三種目中、最も勝ちたいという気持ちの強い種目です。
 しかし目の前にはあの美並カヌークラブが巨大な壁として立ちはだかっています。
 果たして勝てるのか?

 結論から言えば勝てる、と思っていました。
 過去のWWF対戦歴はこんな感じです。

 <2005年>
 水位:0.53m チーム:シャレコウベ(会長)
 美並カヌークラブ(1位):35分26秒
 シャレコウベ(2位):35分57秒
 (RJ1 1位 デスデラゴ:34分39秒)

 <2006年>
 水位:0.33m チーム:デブデック(アズマックス)
 テイケイ・スーパー(1位):48分16秒
 美並カヌークラブ(2位):50分07秒
 デブデック(3位):50分29秒

 <2007年>
 水位:0.82m チーム:わんことUNKO(UNKO-MAN)
 わんことUNKO(1位):41分35秒
 美並カヌークラブ(2位):41分56秒
 (RJ1 1位 テイケイ:42分37秒)

 上記からは、徐々に差を縮め、去年の大会ではついに20秒差で勝利したことが分かります。通算成績は1勝2敗でまだ負け越しですが、何より勢いがあります。この勢いをもってすれば負けるはずがない、と。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

51 第15回長良川WWFスラローム/二日目(長良川5)

水位:0.49m(稲成) 気温:20℃(八幡) 天気:曇り 区間:三段の瀬
メンバー:tomoさん、コニー、会長
応援:会長嫁、花鳥、義父母、後輩一号、川太郎

 長良川WWF二日目はスラローム。
 三段の瀬約500mの区間に設置された合計12の旗門(ゲート)を通過してタイムを競う競技です。

 今年は水量が少ないので、多少強引にいってもフリップしないやろし、ちょっとくらいタイミングをミスしてもリカバリーしやすいでしょう。したがって不通過(ペナルティ:50秒)は少なく、タイムに差が出にくいのではないかと思われます。接触(ペナルティ:5秒)など、小さなミスが命取りになりそうです。

 スラロームは専門性が高く、上達するためにはちゃんとした訓練が必要だと思いますが、我々を含めおそらく経験者はいないと思います。このような素人同士での戦いの場合、差を生むのは、まずはベースとなる操船能力と、川の流れを読む力。そしてより大事なのは、自身のスキルを把握した上でシミュレーションし、航下ルートを組み立てる力だと思います。
 前者はフリースタイルカヤッカーが得意とする領域です。後者には正解がないのでかなりアタマを使いますが、過去の出場経験がものをいってきます。
 そう考えれば、このスラローム競技は我々のチームにとってかなり有利なはずです。その割にここ数年間1位を取ったことがなく、イマイチ結果が伴っていないんですが、ぶっちぎりの得意分野を作るとすれば、ここしかないと思っています。

 さて、ゲートはこんな感じで設置されていました。ダッキーは、1番から12番までの旗門のうち、4番と9番が免除されます。



 1番、2番ゲートが最難所。ここをどう下るかが勝敗の分かれ目になりそうです。

081012wwf03.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする