2008年11月16日

58 鳩ノ巣渓谷を下る(多摩川18)

水位:-2.56m→-2.49m?(調布橋) 気温:15℃(青梅) 天気:曇り時々雨
区間:昭和橋(奥多摩)〜奥多摩大橋(川井) メンバー:G君


 10年以上も川下りをしていると、川についてもっと深く知りたいという知的好奇心も少なからず芽生えてくるわけですが、この目的を満たすには「100本の川を下る」という従来の目標だけでは何か欠けているという感がありました。

 きっかけとなったのは、一冊の本でした。
 多摩川の上流域、丹波川を調べる際に購入した本で、『多摩川水流紀行』(大内尚樹,白山書房,2000)というのですが、一言で言えば多摩川の河口から水源までを単独遡行した記録です。
 この一冊がヒントになりました。すなわち、1本の川を源流から河口まで、わんことカヌーで下りきってみるのは面白いのではないかと。

 対象河川は関東のホームリバー、多摩川に迷うことなく決めました。キレイ、水量豊富、近いと三拍子揃っているからです。
 しかし仔細を考えるうちに問題も出てきました。大きくは以下の二点です。

 @全長138kmを一気通貫で下る時間が取れるか?
 ざっくりと考えて、航下可能距離を一日平均15kmと仮定すれば、約十日かかるという計算になります。盆休みなど長期休暇を丸々使えばあるいは可能かもしれませんが、今の妻子ある身でこんなことしたら、即三行半でしょう。

 Aどこをカヌーで下る起点に据えるか?
 当然ながら、カヌーで下れるだけの水量がないと航下不可です。また、仮に水量があっても、おいらん淵(銚子滝)や牛金淵などクリークセクションは技術的にまだとても下れる気がしません。

 このままだと結局あかんやんという結論になりますので、多少工夫してやる必要があります。

 ◆@について
 時期や順番は問わず、最終的に航下コースが繋がればよしとします。例えば、春に登戸〜河口区間を下り、秋に青梅〜登戸区間を下るなど。

 ◆Aについて
 上記の考えに基づけば、現時点で起点を決める必要はなくなります。増水のタイミングや、技術の向上に合わせて上流部を攻め、おいおい決めていくことにします。

 とまあ、前置きが超長くなりましたが、かような背景がありまして、まずは御嶽渓谷の上流部、奥多摩は鳩ノ巣渓谷に繰り出してきました!


大きな地図で見る

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 18:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

57 おすそ分け(多摩川17)

水位:-2.55m(調布橋) 気温:12℃(青梅) 天気:曇り
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:ロミさん、花鳥、G君、後輩1号(回送)


 御嶽に着くと、一人の胡散臭い男性がおもむろに近付いてきて話しかけてきました。

 “Hey, YO-CHU いらんかYO! ”

081108mitake01.jpg

 青いゴーグルを身に着けており、人相は分かりません。そして口調はなぜかラップ調。喋りながら左手を差し伸べ、常に上下に揺れています。そして右腕には腐葉土の詰まった水槽を抱えていました。カブトムシの幼虫販売のため、茨城から東京まで出稼ぎに来ているようです。
 この冬はノルマ30匹らしい…。じゃあ3匹もらいますわ…。ロミさんも3匹。押しに弱いG君は10匹ももらうことになってました。
 一気にノルマの半分以上を達成したラップ男は、後でまた来るYO!と言って、満足気に去っていきました。

 それから少しして青いウイングロードの花鳥が到着。
 「いやーすいません。外環混んでたんすわー」
 最近少し元気のなかった彼ですが、今日は朝からアクセル全開でした。

081108mitake04.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

【番外編】聖衣修復

 前述しましたが、一昨日の御嶽で愛艇リンクスがまたもや致命傷を負ってしまいました。こういうケースは過去に幾度となくあり、そのたびに接着剤と共生材(生地の端切れ)を駆使してフェニックスのごとく蘇ってきましたが、もはや自己修復(接着)では限界の域に達してきました。

081102mitake23.jpg

 市販の接着剤(ビニル用ボンド)では半年、長くて一年程度しかもたず、接着面が剥がれるタイミングでさらに傷口が広がってしまい、年を追うごとに傷が大きく、複雑になってしまうのです。

081102mitake22.jpg

 こういう時は輸入代理店のパール金属に依頼するのが基本ルートですが、過去に修復不能と断られた経緯があります。

 そこで五老峰の老師の教えに従い、死んだリンクスを完全修復できる人物を訪ねる旅に出ました。
 実はこの世界には修復の達人が存在します。もはや国内唯一にして無二と言って良いでしょう。いわば、ラフト・ダッキー界のジャミールのムウです。まあ、実物はムウの優雅なイメージとはかけ離れており、赤城山に住む寅さんって感じですが。知る人ぞ知る、アワーズさんです。自社ブランドで川蝉、旅鴉などのダッキーを製造販売する傍ら、メーカー、購入元を問わず修理してもらえます。

 そのムウ曰く、聖闘士の血を使えば完璧に蘇ると。まあしかし現実的なところで溶着(両面に共生材を貼り付け、高周波で結合させる手法)で見積を依頼しました。
 費用の目安は、「一ヶ所の穴や切れた長さが30/cm以下¥5,000,オーバー10/cmごとに¥3,000」となっています。
 リンクスの傷の長さはおそらくトータルで200cmは越えるでしょう。しかも溶着時に接着剤の跡は邪魔となるので完全に剥がしてやる必要があり、これまた追加費用がかかってしまいます。

 うーん、バンディットが買えてしまいそうな値段やな…。しかし、物言わぬ道具なれど長年苦楽を共にしてきた相棒を捨てるようなことは極力したくない。できることなら再び生命の灯を吹きこんでやりたい。
 費用が費用なので、即依頼というわけにはいきませんが、時機を見て完全復活させたいと思います。

ニックネーム ラナ父 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

【番外編】川太郎、三ヶ月

 川太郎が本日、無事に生後三ヶ月を迎えました。
 テキトーに測ったところ、身長が66cm、体重が7.3kgでした! たぶん、かなりでかい(太い)ほうだと思います…。今のところ充分すぎるくらいに順調に育ってくれてます。

 首はまだ完全にはすわってなくて、もう少しというところ。腰も当然まだまだですが、最近は(支えられながら)お座りするのがお気に入りのようです。

081103kohtaro07.jpg


 朝の散歩の様子。ちなみにラナは近くでおしっこしてます。

081103kohtaro09.jpg


 ところで最近、ケータイをようやくMOVAからFOMAに代えました。製造者の都合に何で従わなあかんねんと今まで機種変更をしてこなかったんですが、ついに壊れてしまい、やむなく。で、何が言いたかったというと、新しいケータイにはカメラが付いてますので、今頃になってようやく写メとか使い出してます。上の二枚もケータイで撮ったものです。
 これは記念すべき一枚目で寝起き時の顔。寝起きはなぜかご機嫌でテンション高めのことが多いです。

081103kohtaro16.jpg


 ちなみに余談ですが、「AからZまでMax!」のAZmax(アズマックス)も本日が誕生日のようですね。おめでとうございます。

ニックネーム ラナ父 at 21:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

56 色づき始め(多摩川16)

水位:-2.53m(調布橋) 気温:18℃(青梅) 天気:晴れ
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:元やん、G君、女優R,後輩1号


 <書くネタに困っていたので、今回は後輩1号様に書いてもらいました!>

 昨日、桂川をみんなが下ってる間、川太郎と待ってると妹の女優Rよりメール。

 「食あたりにつき下山しました…一人ぼっちで帰ります」

 確か、彼女は大菩薩峠に登りに行ってたハズ。
 楽しみにしてたのにかわいそうに。
 最近忙しそうだったからなぁ。

 で、急遽合流することに。
 久々に一緒にごはん食べよー、ついでに泊まっていってーって、確か月曜日にも会った気がするけど…。

 翌朝はアルコール洗浄して、すっかり元気になった(ように見える)妹も一緒に御嶽へ。
 「また今度〜」と昨日別れたハズの元やんさんと、なぜか登戸で野宿していたGくんが。川って、本当に距離感なくなります。
 関西にいた時もそうだったけど、先週奈良吉野で会った人に、翌週長良でバッタリ、なんてのはしょっちゅう。元ヤンじゃなくって元やんさんも福島在住なのに、おかしーなー。てっきり仕事だと思ってましたよ?

 今日も私の敬愛する王子改め、貴族不在につきダウンリバーはナシかなぁ、と思っていると、女優Rが「下ろっかなぁ…」と。
 ラナパパも気を遣ってるのか、優しく「川太郎見とくから、下っておいで」と。…妹が下るとあっては、姉も下らないわけにはいかないので、急遽下ることに。

 女優Rは登山の装備は完璧でしたが、川下りの用意はゼロ。
 そうだよね、山登りするつもりだったんだもんね。
 大菩薩峠、今度、一緒にリベンジしよーね!!

 とりあえずラナパパのウェア借りてダウンリバースタート。
 ※姉妹で着替えに手間取っている間にサクサクっとリンクスIIをセットアップして下さった元やんさん、Gくん、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする