2008年01月01日

2007年初下りの川たち

【57 耳 川(宮崎)】 川地図

  耳川は九州山地を水源とし、日向灘へ注ぐ流路延長102km,流域面積881 km² の二級河川です。

070102mimi26.jpg

 予想以上に水量豊富な川でしたが、予想以上にダムで寸断され、中流域のほとんどは川に水がなく導水管を流れているという有様で、下流域しかコース設定できませんでした。冠山の眺めが良です。ツーリング向き。


【58 南 川(福井)】 川地図

 南川は、源流を福井県名田庄村の西に発し、小浜市内で若狭湾に流入する流路延長34km, 流域面積460km² の二級河川です。

070504minami06.jpg

 少し増水すれば快適に下れます。相生橋の床止めは要注意ですが、初心者でも問題ないレベルだと思います。上下流とも堰堤が多く、快適に下れる区間が限られているのが残念。


【59 篠山川(兵庫)川代渓谷】 川地図

 篠山川は、多紀連山を水源とし、篠山市、山南町を東から西に貫流し、加古川に注ぐ加古川水系の一級河川です。

070512sasayama21.jpg

 『2007年最も印象に残ったダウンリバー』栄光の3位。核心部の恐竜化石の瀬(丹波竜発掘現場)を下るときはドキドキでした。急勾配なうえ小さい川なので、天気予報と当日の水量には充分配慮する必要があります。珠に瑕なのが水質が最低レベルということ。


【60 上林川(京都)】 川地図

 上林川は、福井県境の三国岳(616m)、養老山(665m)などを水源とし、上林七里の谷を流れ、綾部市山家にて由良川本流に注ぐ由良川水系の一級河川です。

070630kanbayashi17.jpg

 まとまった雨が降れば下れます。(実際に下ったわけではありませんが)熱帯雨林の中を通り抜けている気分になります。険悪な箇所はありませんが、流れが速く瀬が長いため油断は禁物。


【61 武庫川(兵庫)武庫川渓谷】 川地図

 武庫川は兵庫県篠山市真南条地区を水源として南流し、大阪湾に注ぐ流路延長65.7km,流域面積499.9km2の二級河川です。
 三田盆地を抜けるとそれまでの里川風景が一変し、宝塚で大阪平野に出るまでの区間、武庫川渓谷(武田尾渓谷)と呼ばれる先行谷を形成してします。ダム(武庫川ダム)建設計画があり、現在も検討は続けられています。
 なお、この区間(JR福知山線生瀬駅〜武田尾駅)には旧福知山線の廃線跡が残っており、渓谷美と手付かずの自然を気軽に楽しめるハイキングコースとして数多くの人に親しまれています。

070728mukogawa078.jpg

 『2007年最も印象に残ったダウンリバー』文句なしの1位。当時住んでいた尼崎の家の前を流れる姿とはあまりにもギャップがありすぎて、とても同じ川とは思えません。篠山川同様、都市部の川のため増水が急だと思います。透明度は木津川と同程度に悪い。


【62 中奥川(奈良)】 川地図

 中奥川は、台高山脈主稜明神平(1432m)およびその西方に位置する薊岳(1406m)付近に源を発し、奈良県吉野郡川上村を南西に流れ、白川渡地区で奈良吉野川右岸に注ぐ紀ノ川水系の一次支川です。

070804nakaokugawa036.jpg

 『2007年最も印象に残ったダウンリバー』堂々の2位。まとまった雨が降れば下れます。スタートしていきなり滝というのが、強烈に印象に残っています。しかも巻かれると出にくい結構危ないタイプです。山奥だけあって真夏なのに寒かった。透明度は最高。飲めます。


【63 野根川(徳島)】 川地図

 野根川は、高知・徳島県境である貧田丸(1018m)付近を水源とし、徳島県海陽町の西部(旧宍喰町)から高知県東洋町にまたがって南下し太平洋に注ぐ、総延長40km程度の二級河川です。

070813nonegawa21.jpg

 小さい川です。上流部は結構ヤバそう。透明度は日本最高級らしいです(下った当日は増水で濁っていた)。鮎釣りで相当有名みたいですのでシーズン中はなかなか機会に恵まれないかもしれません。


【64 大野川(大分)】 川地図

 大野川は、祖母山(1756m)を水源とし、緒方川、奥岳川などを合わせて中流峡谷部を流れ、別府湾に注ぐ流路延長107km、流域面積1,465km2の一級河川です。

070818ohnogawa22a.jpg

 透明度はまあまあ。瀬が浅いので快適に下るにはもう少し水量が欲しい。スラロームのメッカらしいです。川幅が広く、犬江釜峡という名前の割には渓谷っぽくありませんでした。初心者でも問題なさそうです。


【65 桂 川(山梨)ロワー】 川地図

 相模川は、山中湖を水源とし、神奈川県中部を貫流し、相模湾に注ぐ幹川流路延長109km、流域面積1,680 km²の一級河川です。山梨県では桂川と呼ばれています。

071202katsura15.jpg

 定期的に行われるダム放水時は全国からパドラーが集まるらしい。深い渓谷の底からの眺めは最高。意外とキレイで、渇水でも何とか下れますが、鮎釣りのメッカのためシーズン中は何かと気を遣うらしいです。


 ≪初下りのセクション≫

【 美山川(京都)】

 大野ダムより上流部の由良川は美山川とも呼ばれます。

 <ロワー区間> 川地図
 渇水時でも何とか下れる、眺めの良い里川です。透明度はまあまあ良いです。ツーリング向きですが、大野ダムまで漕ごうとすると中規模の堰堤二箇所を越えなければならないのがネック。

070503miyama05.jpg

 <唐戸の渓谷> 川地図
 北桑十景にも数えられる景勝地です。増水時のみ下れます。核心部は下りませんでしたが、難度はかなり高そう。核心部より下流は田歌の集落付近まで断続的に瀬が続きます。

070714karato14.jpg


【 高瀬川(長野県)大町ダム下】 川地図

 背中には残雪抱く北アルプス、眼前には豊富な水量を湛え勢いよく流れる雪代、そして両岸を取り囲む針葉樹。雄大なる大自然を肌で感じられますが、途中の堰堤を越えた後は一転してテトラと鉄杭といった人工物が散在しており、危険です。

070617takase09.jpg


ニックネーム ラナ父 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 初下りの川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年初下りの川たち

【53 一之瀬川(三重)】 川地図

 一之瀬川は、七洞岳(778m)を水源とし、三重県度会町東部を南から北に流れ、宮川に注ぐ宮川水系の一級河川です。

060521ichinose14.jpg

 圧倒的な透明度を誇る紀伊半島を代表する清流です。増水時のみ下れます。基本は癒し系の川ですが、小萩川出合より下流の駒ヶ野〜火打石区間は川幅狭く早瀬が続き、2mの滝なんかもあったりします。


【54 大塔川(和歌山)】 川地図

 大塔川は、大塔山(1,122m)北面を水源とし、本宮町耳打にて支川四村川を合わせ、熊野川に注ぐ新宮川水系の一級河川です。

060528ootou26.jpg

 大塔山の木々の緑が溶け込んだようなエメラルドグリーンをした最高クラスの清流。川原を掘れば温泉が出ることでも有名。その川湯温泉にある「温泉隧道」を目にすると筒井康隆の「エロチック街道」を思い出すのは私だけでしょうか。


【55 高瀬川(長野)】 川地図

 高瀬川は、日本アルプスの槍ヶ岳(3,180m)を水源とし、大町市、安曇野市を南流し、犀川左岸に注ぐ信濃川水系の二次支川です。

060618takase26.jpg

 「槍で別れた梓と高瀬 巡り会うのが 押野崎」という安曇節の一節でも有名な犀川(梓川)の支川。水量が少ないときは透明度の高いザラ瀬が延々と続き、雪解けなど増水時は広大な川原を蛇行するように勢いよく流れる。落ち込みや岩絡みの瀬はありませんが、流速はかなり強い。

【56 安曇川(滋賀)】 川地図

 安曇川は、丹波山地は百井峠(730m)付近を水源とし、針畑川、北川などの支川を集め、高島市安曇川町東部で琵琶湖へと注ぐ、幹川流路延長52km,流域面積311 km²の一級河川です。

061229ado16.jpg

 増水すれば下れます。岩絡みの瀬だらけでかなりテクニカル。年末の大雪の日に独りで下りましたが、寒いし、核心部で沈したりと散々でした。計画(村井橋)の1/4も下れなかったので、機会あればリベンジしたいNo.1の川です。


≪初下りのセクション≫

【 飛騨川(岐阜)飛水峡】 川地図

 白川町から七宗町に渡る約12kmの峡谷部は「飛水峡」と呼ばれています。両岸の岩盤に数多く見られるポットホールは「飛水峡の甌穴群(おうけつぐん)」として天然記念物に指定されています。

061104hidaT28.jpg

 上流のダムによって水量がコントロールされており、通常は少ないですが、上呂や白川口の水位観測所では判断できません。必ず現地で下見する必要があります。瀞場が後に控えているものの瀬は岩絡みで難度は結構高め。また谷が深く上陸ポイントが限られているので高リスクです。


ニックネーム ラナ父 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 初下りの川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年初下りの川たち

【46 豊 川(愛知)】

0503210009.jpg

【47 津保川(岐阜)】

050403tsubo05.jpg

【48 赤木川(和歌山)】

050429akagi01.jpg

【49 小 川(和歌山)滝ノ拝】

050430kogawa09.jpg

【50 小坂川(岐阜)】

050505osaka56.jpg

【51 海部川(徳島)】

050717kaifu18.jpg

【52 宮 川(三重)】

051030miyagawa17.jpg


≪初下りのセクション≫

【 櫛田川(三重)香肌峡】

050416kushida17.jpg


ニックネーム ラナ父 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 初下りの川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年初下りの川たち

【29 瀬田川(滋賀)】

 瀬田川は、琵琶湖からの唯一の流出河川であり、京都で宇治川と名を変え、八幡市付近で桂川、木津川と合流してからは淀川と名を変え、大阪湾に注ぐ淀川水系の一級河川です。流路延長は75.1km,流域面積は8,240kuにも及びます。

030207seta07.jpg

 ダウンリバー可能区間は短いですが、水量によっては刺激的でパワフルな激流を楽しめます。景観も良ですが、唯一にして最大の弱点は水質が最悪なことです。

【30 江の川(島根)】

 江の川(ごうのかわ)は、広島県山県郡芸北町阿佐山(1,218m)を源流とし、広島県、島根県の両県にまたがって流れる中国地方最大の一級河川です(江の川水系)。その規模の大きさから「中国太郎」の異名を持ちます。上流部を可愛(えの)川と呼び、三次市にて馬洗川、西城川および神野瀬川を三方向より合わせ、狭窄部となって島根県に入り、出羽川などを合わせて江津市で日本海に注ぎます。流路延長194km,流域面積は3870kuです。

030320gohnokawa19.jpg

 山間部を流れる大河です。四万十川下流域に雰囲気が似ていないこともありませんが、波の大きい2級クラスの迫力のある瀬が数多く現れる点で異なります。ただし、川幅が広く、流れも素直なので、難度はそれほど高くないように感じました。

【31 吉田川(岐阜)】

 吉田川は、岐阜県郡上郡明宝村烏帽子岳(1625.3m)付近を源流とし、八幡町市街地を横断して、長良川に注ぐ木曽川水系の一級河川です。流路延長32km,流域面積は不明。長良川出合いに至るまで最高クラスの水質を維持する清流中の清流で、八幡町では町を象徴する存在となっています。夏場になると、地元の郡上っ子が新橋から川に飛び込むシーンが見られることは有名。

040403yoshida03.jpg


【32 板取川(岐阜)】

 板取川は、福井県との県境に近い左門岳(1,223m)を源流とし、奥美濃の秘境「川浦(かおれ)渓谷」という深く美しい渓谷をなし、その後蛇行を繰り返して板取村を南下し、洞戸村で東へ向きを変え、美濃市にて長良川に注ぐ木曽川水系の一級河川です。流路延長53km,流域面積は313kuです

040417itadori04.jpg

【33 武儀川(岐阜)】

 武儀川(むぎがわ)は、岐阜県山県市(旧山県郡美山町)と本巣市(旧本巣郡根尾村)との境にある尾並坂峠(340m)付近を源とし、旧美山町にて最大の支流神崎川を合わせ、武芸川町を流下して岐阜市にて長良川に注ぐ木曽川水系の一級河川です。流路延長24km,流域面積は138kuです。

040418mugi04.jpg

【34 古座川(和歌山)】

 古座川は、大塔山(1,122m)に源を発し、紀伊半島の南部山岳地帯を流下し、佐本川、三尾川、小川(こがわ)、池野山川などを合わせ、古座川町にて熊野灘に注ぐ古座川水系の二級河川です。流路延長は56km,流域面積は356kuです。

050424koza83.jpg

 特筆すべきは、「日本の小桂林」とも呼ばれる流域の景観。天柱岩、一枚岩、飯盛岩、牡丹岩、虫喰岩などといった奇岩・奇峰が並び、まさに天下の奇勝と呼ぶにふさわしい。瀬のクラスは1.5級どまり。真砂から佐本川の出合にかけてはカーブや落ち込みのある瀬もあるが、それ以降はザラ瀬が緩やかに流れる程度である。鮎釣りでも有名。

【35 益田川(岐阜)中山七里】

0405030038.jpg

【36 亀尾島川(岐阜)】

040509kibishima31.jpg

【37 根尾東谷川(岐阜)】

040523neohigashi54.jpg

【38 根尾西谷川(岐阜)】

040515neonishi73a.jpg

【39 櫛田川(三重)】

040613kushida89.jpg

【40 前 川(長野)】

0406190014.jpg

【41 万水川(長野)】

06200020.jpg

【42 犀 川(長野)】

040620yorozui41.jpg

【43 那賀川(徳島)】

 <木頭村>
0408140016.jpg

 <鷲敷ライン>
040718nakagawa12.jpg

【44 穴吹川(徳島)】

0408110015.jpg

【45 蓮 川(三重)】

 <アッパー>
040829hachisu42.jpg

 <ロワー>
041103hachisu10.jpg

 ≪初下りのセクション≫

【 伊賀川(三重)岩倉峡】

0412180008.jpg

【 木津川(京都)】

040411kizu18.jpg

ニックネーム ラナ父 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 初下りの川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年初下りの川たち

【25 高梁川(岡山)】

030809takahashi09.jpg

【26 旭 川(岡山)】


030810asahi14.jpg

【27 黒尊川(高知)】

030812kuroson13.jpg

【28 有田川(和歌山)】

031214arida11.jpg


ニックネーム ラナ父 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 初下りの川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする