2008年05月31日

27 第32回リバベン&諏訪峡リベンジ(利根川2)

水位:3.57m(湯原) 流量:46.75t(藤原ダム) 気温:12℃(みなかみ) 天気:雨
区間:水明荘下〜紅葉橋(リバベン)〜銚子橋(DR) メンバー:会長、世界のモリ君


 ◆第32回日本リバーベンチャー選手権大会(リバベン)

 日本リバーベンチャー選手権大会(通称リバベン)は、群馬県みなかみ町を流れる奥利根川にて行われる大学生主体のラフティングの大会です。大会が行われる五月末〜六月初旬の奥利根は、谷川岳の雪代により日本屈指の激流と化しており、例年エキサイティングでスリリングな戦いが繰り広げられています。
 部門は4men(ラフト),2men(ダッキー)に分かれており、レース内容は水明荘下をスタートとし、設定されたスラロームゲートを通過し、紅葉橋をゴールとする複合タイムレース方式(約2.6km)。コースタイムとスラロームゲートのペナルティを合計して総合順位が決定されます。
 また4men部門は上位20チームを上級とし、二日目にJA下〜銚子橋(諏訪峡)のダウンリバーをさらに行い、初日のタイムの1/3を加算して総合順位が確定します。21位以下の中級は初日と同コースでダウンリバー競技が行われます。

 このリバベンには過去三回参戦しています。→3年前の戦績(第29回リバベン)
 が、ダッキー四大会のうち唯一優勝経験がありません。要因としては色々挙げられますが、
 @参加チームが多く、かつ技術レベルが高いため競争が熾烈
 A水量豊富な激流であるためダウンリバー・スラロームの難度が高い
といったところが主だったところでしょう。
 しかし去年は天竜川WWF,長良川WWFで連続優勝を果たし、勢いに乗っています。今年こそ、いけるのではないかという期待があります。

 また、このリバベンは唯一ダブルエントリーが可能な大会であり、2men出場チームには4menクラスを兼ねているケースが多いです。よって普段はラフトメインの強豪チームが出場してきているのもありえるわけで、他の大会では味わえない、よりハイレベルなレースを経験できるかもしれないというのも大きな楽しみです。

 というわけで勇んで出場したわけですが、そんな想いとは裏腹に、実際には三年前の大会出場後一度も水上峡を下る機会を得られず、相方である会長とのタンデムに乗る機会も昨年の天竜川WWF以来皆無、そしてリンクスIIには去年の転勤以来、半年以上一度も乗っていません。
 そして最悪だったのは、大会前日の金曜日に有休が取れなかったため、直前の調整練習までもが皆無となったことでした。
 つまり、半年以上ブランクのある相方とフネとで、三年前に下ったきりの激流を、ぶっつけ本番で迎えることになったわけです。

 唯一優位な点があるとすれば、前回より水量が少なく御しやすいこと(ビッグウォーターは経験が少ないので苦手なのです)。あとできることとして、早起きしてコースを下見し、できるだけ航下ルートを頭にたたきいれるように努めました。

 闘いの火蓋が切って落とされたのは4men(ラフト)から。開始された11時より30分ほど遅れて大鹿橋に到着。この橋の上流にあるスリーウェイズと呼ばれる瀬を舞台にして、全部で5門のゲートが設置されています。

 <難関スラローム>

大きな地図で見る

 奇数門がダウンゲート(緑色)、偶数門がアップゲート(赤色)となります。
 ペナルティは、ダウンゲート不通過の場合は30秒、アップゲート不通過の場合は60秒、バー接触の場合は5秒となります。また、装備を流した場合、一点につき10秒のペナルティが付与されます。

 スラローム後のダウンリバーはコースが幅広く瀞場が皆無で距離が約2.6kmと比較的短いといった特徴があるので、沈さえしなければですが、大きな差はつきにくいのではないかと思います。今日の水量では、せいぜい15〜30秒程度ではないかと推測できます。
 よって勝敗の分かれ目の鍵となるのは、このスラロームだと言えます。出場チームのうちおそらく半数程度は全通過してくるでしょうから、不通過を一つでも出した時点で1位はなくなります。ダウンリバーでのコースミスとは重みが違う。
 ちなみに三年前は1番ゲート手前でフリップし、全ゲート不通過という辛酸を舐めました。レースにおける最重要ポイントにもかかわらず一度も成功体験がないので大いに不安です。

 残された時間は僅かでしたが、少しでもイメージを掴むべくラフトが下る様子を見学しました。



 やがて時間が迫ってきたのでラナを連れて谷川橋の駐車場に戻り、クルマでお留守番するようお願いしました。
 …無言でしたが、ちょっと怒ってました。

 スタート地点でサイストラップをもう一度調整。
 時刻は11時48分を過ぎました。出艇時間まであと2分。順番は1番です。

 時計の針が11時50分を指すと同時にスタート。まだ息の合わないうちに最大の難関を迎えるのは正直ツラいですがしょうがない。
 不安を抱きつつ、最初の瀬スリーウェイズへピールアウト。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 10:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

23 キング・ザ・100トン(利根川1)

水位:4.40m(湯原) 流量:106.69t(藤原ダム) 気温:23℃(みなかみ) 天気:晴れ
区間:矢瀬橋〜月夜野トラックターミナル(予定)※赤谷川出合でリタイア
メンバー:takeさん、ROMIさん、サチさん、G君、tetsuさん夫妻、solaさん夫妻、元さん、串さん、すじぽん、後輩1号(回送)

 2日の晩、妻が来川。
 GW後半4連休は、彼女の体調を慮って川崎のおうちでまったり過ごす予定でしたが、他でもない彼女の奨めにより、あひるBの「みなかみDRツアー」に急遽参加させてもらいました。ラナと私とがたぶん、相当つまらなさそうにして部屋で腐っているのを見かねての温情措置だと思います。ありがとうございます。

 水上IC到着は6時半。走行時間は約2時間。
 はええ。関西にいた頃は700kmも離れていたのに、今では200km足らずの距離です。

 水上はかれこれ3年ぶり。NKCの会長とリバベンに出場して以来です。
 あの時と同様、諏訪峡大橋に立ち寄って橋の下を流れる竜ヶ瀬を下見。



 すごすぎ…。
 まともに下るのはまず無理っすね…。

 藤原ダム放水量は144t。100トン越えかあ…。
 冬場に通ってた御嶽の水量なんて推定7〜8tですからね。比べるにも値しないです。先週下った増水の長瀞は40t.これだと3.5倍以上の水量が流れていることになりますが、それでも普段めったに経験することのない水量だけに今ひとつ想像しづらいです。

080504minakami03.jpg

 集合場所の「みなかみ水紀行館」に行くと、何人かすでに到着されてました。
 おおっ、tetsuさん久しぶり〜。そしておめでとうございます!
 あっ、solaさんはじめまして。ラナと誕生日近いんですね。いやしかし、めちゃくちゃスレンダーですね。ラナも最近まではsolaさんのような体型だったんですが…。

 さて、藤原ダム放水量は8時以降106t台に減りましたが(雪解けやから日中のほうが放水量多いと思うのですがなぜ?)、依然航下不可水量には変わりないので、とりあえず銚子橋下流に移動。後続を待ちつつtakeさん、下るコースを検討される。

 銚子橋はラフトの港と化していて、川原は非常に賑やかでした。ツアーは諏訪峡ではなく、ここから下流(月夜野コース)に変更しているようです。
 「ロープは掴んでも手に巻かないでください…」
 ツアー客へのセーフティトークが聞こえてくると、懐かしい気分になります。
 車両が出入りが激しく、しかも一部の業者がやたら飛ばすものだから、あちこちで砂埃がもうもうと舞い上がり、服や肌がすっかり砂っぽくなってしまいました。

 さて時刻は10時を回りましたが放水量は106tから減る気配がありません。ラフトで賑やかとはいえ、下流のほうには結構なウェーブが立っているのが見え、下るのは厳しそうです。

 結局、この月夜野コースは諦め、さらに下流の沼田コースを下ることになりました。合流したロミさんとG君、すじぽんも合わせ、矢瀬橋に移動。矢瀬橋に着けば着いたで、上流からラフトがどんどん流れてきて、これまた賑やかです。

 正午ごろ、元さん、串さんがやって来られ、いよいよ出艇準備開始。
 tetsuさん、なんとリンクスIIを買ったらしいと聞いていましたが、あれ? それ、スーパーリンクスですやん。

080504minakami47.jpg

 ダッキーばかりの大艦隊です。編成は、以下のとおり。

 takeさん&サチさん@オリノコ
 串さん&ロミさん@Sotak
 tetsu夫妻@スーパーリンクス
 G君@バンディットI
 solaさん&すじぽん@リンクスII
 元さん@ストライクI
 で、私&ラナ@リンクスI

 総勢11人。いやいやこれだけの人数のダッキー乗りが一堂に会するって大したものです。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 16:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする