2008年04月21日

19 70本目!(藁科川1◆70)

水位:1.43m(奈良間) 気温:20℃(静岡) 天気:快晴
区間:黒俣川出合〜福養橋(3.1km) 所要時間:40分 メンバー:ソロ


 夜中の3時半に三田市を発つ。ときどき仮眠を取りながら、中国道、名神を経由して東名高速を関東方面へ。静岡ICまで辿り着いたのは8時頃。日もすっかり昇り、上着を着ていると暑く感じるくらい。
 今日もいい天気です。ラジオによると月曜日が晴天に恵まれるのは4週間ぶりらしい。

 私はごくごく一般のサラリーマンですので、本来なら本日は仕事です。しかし今日通常通り出勤するとなると、体力面を考慮すれば、この週末は法事を済ませて関東⇔関西を往復するだけのかなり味気ないものになってしまいます(昨日の揖保川ももちろん漕げてません)。そこで週末をフルに関西で過ごし、月曜日は移動日に当てられるよう、本日は有休を取っていたのでした。

 このまま川崎までクルマを走らせれば、遅くとも昼までには到着するでしょう。午後はゆっくり移動の疲れを癒し、英気を養うことができます。

 が。
 まだこんな早い時間やし、こんないい天気やし、それにまだようさん水量あるし…。
 これだけ好条件に恵まれている日なんて、そうそうありません。
 行くしかないでしょう。
 どこってもう、ひとつしかありません。

 行き先は、安倍川支流の藁科(わらしな)川にしました。
 藁科川は、静岡市葵区西部の七ツ峰(1533m)を水源とし、安倍川に注ぐ幹川流路延長29km,流域面積176 km²の一級河川です。

 以前、車窓から眺めて下れそうとは思いましたが、その後有効な情報が得られず、ほったらかしになっていたので、イン/アウトの場所決めから始めました。
 風光明媚なスポットや面白そうな瀬、危険な人工物などがないかチェックし、単独行というリスクと天秤にかけて判断します。ベストな解答はどこにも載ってないので時間はかかりますが、楽しい作業です。

 下流のほうは、車道より堤防が高いため、クルマを走らせながらではなかなか川の様子が見えません。垣間見る限りでは、水量は下る分に充分ですが、延々ザラ瀬で川相が今ひとつ変化に乏しい。どんどん上流に遡っていきました。
 
 富沢橋の下流に、左岸側が断崖になっている箇所が見えたので様子を見に行くと、なかなかいい雰囲気です。
 ここ、下りたいなあ。

080421warashina02.jpg

 その後、小島地区まで遡りましたが、気に入ったところは見つからず。さらに上流部も見てみたい気持ちはありましたが、時間的に厳しそうなので今回は断念。
 結局、黒俣川との出合から、約3km下流の福養橋までの区間に決定しました。


続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>藁科川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする