2008年02月23日

09 春一番に吹雪かれて(安倍川1◆68)

水位:0.54m(横山) 気温:14℃(静岡) 天気:曇り時々晴れ・雨・雪
区間:関の沢橋〜藤代橋(約3.6km) 所要時間:約1.5h メンバー:後輩1号(回送)


 先日「模倣犯」(一)〜(四)を読み終え、宮部みゆきの全文庫本を読破しました。現在、40冊以上が押入れの中に無造作に積み重ねられています。
 なぜって、本棚には、カヌー関連書籍や手塚治虫のマンガ、野田知佑や筒井康隆の文庫本ですでにいっぱいなのですが、嫁は本は読み終えたそばから売れ捨てろというポリシー(超がつく整理魔なのです)でして、本棚の拡張を許してもらえないのです。

 購入した書籍は、新品古本問わず本棚に揃えるのが好きでした。マンガは無論ですが、浪人生時代は参考書、院生時代は参考文献や辞書もずらりと並んでました。自信喪失状態のとき、眺め返すたびに自分はこれだけ読んだ(=これだけ勉強した)ことを目に見える形に置くことで、奮い立たせたかったのも確かにありましたが、今思えば単に「集める・揃える(コンプリート)」のが好きだったから、というのが大きかったように思えます。そういえば昔から、べったん(メンコ)、キンけし、牛乳のフタ、ビックリマンなど集めるの好きでしたから。

 カヌーで100本の川を下りたいという思いも、探求心や好奇心からというよりは、この収集癖がモチベーションの源として強いのではないかと思ったりします。

 今週末は当初、「あひるブラザーズ」のtakeさんとアッパー桂川を漕ごうと計画していたのですが、takeさんがお仕事のため断念。ラナのことを考えると独りでアッパーはちょっときつい。
 すると、例の収集癖がもぞもぞと働いて、新しい川を漕いでみたいなと思うわけです。
 そして、嫁も体調が良いので遠出してもいいよとのたまうわけです。
 じゃあ、この前大井川漕いだ帰りにちら見した安倍川水系に行ってみようとなるわけです。

 この安倍川は、山梨・静岡県境の大谷嶺(標高1,997m)を水源とし、中流域で中河内川、下流域で藁科川などを合わせ駿河湾に注ぐ、流路延長51km,流域面積567km²の一級河川です。なお源流部の大谷嶺の斜面は「大谷崩」(おおやくずれ)と呼ばれ、稗田山崩(長野県),立山鳶山崩(富山県)と並んで「日本三大崩れ」の一つに挙げられています。

 なぜ安倍川かというと、まず去年の一級河川水質ランキングで堂々の一位に輝いているということ。
 ■参考:「平成18年全国一級河川の水質現況の公表」

 そして、『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、「一級河川としては本流・支流にひとつもダムが無い珍しい川」とあること。

 思わずアタマに浮かんだのは、北アルプス上高地を流れる梓川。

 かような日本を代表する名川が、ウチから150kmくらいのところにあると知った日には、そら行っとかなというわけです。

 初めのうちは枚方から岐阜に行くくらいの感覚だったのですが、こっちの渋滞を甘く見すぎていました。途中休憩や中河内川など支流の下見も含めてですが、現地までなんと5時間もかかってしまい、いくらなんでも遠すぎるわ!とこってり油を絞られました。

 しかも、出迎えてくれたのは巨大な砂防ダム。

080223abekawa03.jpg

 あれっ、ダムのない川やなかったの?
 しかもこの一基だけではなく、テトラで固めたものも含めると結構な数になります
 砂防ダムは貯水しないので一般のダムと異なるからなのか、それとも高さが15m以下で堰堤扱いとなるからなのか。なぜダムがないと謳われているのかは分かりません。

 その効果の有無はともかく、砂防ダムがあると、一般的にその手前一定区間の河床勾配が大きく緩められ、土砂で埋められてしまいます。かつてそこにあったかもしれない、複雑に絡み合う早瀬や瀞場が失われてしまったかもしれません。
 そして、危ない。貯水目的ではないのでバックウォーターが皆無です。途中でストップできないのは想像するだに恐怖です。そして構造物には階段も魚道さえも取り付くところが何もありません。もし落ちたりしようもんなら2万%無事では済まないでしょう。

 げんなりです。
 ダムのない清流というイメージが膨らみ、期待が大きかっただけに、落胆も大でした。

 ダウンリバーコースですが、必然的にインとアウトは各堰堤間に限定せざるをえません。インは関の沢橋のテトラ堰堤(床止)下に設定。アウトは、めいっぱい取ると大河内砂防ダム手前になりますが、ダム手前の瀬戸橋一帯に工事車両が入っており、先日の大井川みたく河道が運河状になっなっていて、あまり入りたくなかったので瀬戸橋より上流としました(結果的には藤代橋で上陸)。

 ◆安倍川 川地図(関の沢〜大河内砂防ダム)


大きな地図で見る

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 20:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 東海>安倍川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする