2008年07月26日

37 始まりの地(木津川1)

水位:-2.47m(加茂) 0.50m(島ヶ原) 気温:36℃(京田辺) 天気:快晴
区間:有一沈下橋〜笠置大橋 メンバー:ソロ


 初めてカヌーに乗ったのは、今から12年前。大学一回生の6月のある週末でした。テントの入った重たいザックを背負い、夕方に枚方の自宅を出て、JR木津駅から関西本線に乗り換えて笠置駅で下車。探検部の先輩方と合流し、近くの河川敷キャンプ場で一泊しました。一晩中雨がしとしと降っていて、快適とは程遠かったのを覚えています。

 なぜこの木津川カヌーツーリングに参加したのかというと、理由は「なんとなく」としかいえません。探検部に入部した以上、一度はカヌーも体験してみたいと考えてはいたものの、強い憧れを抱いていたわけでもなく、たまたま先輩に声をかけてもらったから、たまたまその週末はヒマだったから、たまたま行き先が比較的近所だったから、いろんな偶然が重なって、なんとなく参加することになったというわけです。

 コースはキャンプ地の笠置大橋から泉大橋までの区間。フネはナノックのマナティという小型のファルトボート二艇と、グモテックスのヘリオスというタンデムのダッキーが一艇。ファルトは先輩方の自艇で、ダッキーは探検部の共装。自ずと私はダッキーに、これまた新入生の同回のメンバーと一緒に乗ることになりました。

 下っているときの記憶はあいにくほとんど残っていませんが、抱いた印象は覚えています。正直にいえば「微妙」でした。川は汚いし、フネは全然思うように進まないし。
 ただ、電車に揺られて知らない土地を訪れ、川原でキャンプして、フネを漕いでまた違う土地へ移動するという行為は結構気に入ったかも、なんて帰りの電車で思いました。

 その翌月、四万十川を訪れ、大いに魅了され、そして現在に至るわけですが、私にとって初めてのカヌー体験の地は、紛れもなくこの木津川です。少なくともここで川下りにマイナスイメージを抱いていたら、遠路四万十川に行くこともありませんでした。

 ということで、この木津川は私にとって特別な思い入れのある川なのです。カヌーを始めた頃を思い出させてくれる、初心に帰ることのできる川でもあります。

 ちなみにラナも生まれて初めて訪れた川は奇しくもこの木津川だったりします。まだ川原が凍っている時期だったので、カヌーには乗っていませんが(彼女のカヌーデビュー戦はナラヨシです)。

 ◆関連記事:http://lynx.a-thera.jp/article/178725.html

 さて、今週末も奥様に会うために関西に帰省しまして、先週に引き続き川に行ってもよいというお許しをいただいたので、今日はその始まりの地、木津川にラナと行ってきました。
 アズマックス、tomoさんにも声かけましたが予定が合わず、久々の単独行。昔懐かしの笠置大橋〜泉大橋コースを行ってみようかと思いましたが、回送が10kmくらいあって途中で枯死しそうなので、笠置より上流のコースに設定しました。

 キャンプ場にクルマを停め、ラナとてくてく歩く。ここだと回送距離は3km弱ですが、この暑さだとそれでも途中で斃れるんやないかというくらいキツイです。



 笠置大橋の上流に笠置トンネルがありますが、あえて旧道を歩きました。この区間はちょっとした渓谷になっていて、瀬も集中していて、眺めがよろしい。また日陰も多いので気が休まります。灼熱の日差しが容赦なく照りつける中、ちょっとしたオアシスのような感じでした。

080726kizu03.jpg

 しかし何やねんなこの暑さは。汗だくでようやくプットインの沈下橋に辿り着くと、橋の上からざぶんと川に飛び込んで全身を浸したい気分でしたが、あいにくキレイでないのでそろそろと足から入る。
 水は、ぬるい。これでは身体を冷ますことができないので、相当参っていたラナには沈下橋の影に入ってもらい、乱れた呼吸を回復させることにしました。
 先週漕いだ長良川とか丹波川とかは真夏でも水温が低く、川の上は冷気が漂って涼しいので回送時に多少暑さにやられても漕いでるうちに回復するのですが、ここはドラクエの毒の沼地ばりにさらに体力を削られていきそうです。そういや武庫川もこんな感じやったなあ。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿>木津川(伊賀川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする