2008年06月14日

29 第14回にじますカップ(前川1)

水位:測定不可[参考:0.90m(陸郷)] 気温:24℃(松本) 天気:晴れ
区間:龍門渕公園(スラローム区間) メンバー:元やんファミリー、AZMAX,野人、後輩1号(応援)

 出場者日本最大級の草スラローム大会「にじますカップ」に今年も参戦してきました!
 スラローム大会というと競技色が強いレースというイメージがありますが、「にじますカップ」では「勝ち負け」よりも「楽しさ」に重点が置かれており、上級者から初心者までスキルに関係なく楽しめる大会となっているのが特徴です。

 具体的に言えば、こんな感じです。

 @艇のクラス分けが多岐に渡る。
 スラ艇やカナディアンだけでなく、ポリ艇部門やマスター部門(50歳以上)、ファルト部門や「何でもアリ」のその他部門が設けられています。ダッキーでもその他部門で参加できます。親子での参加は無論、わんことの参加もOKです。
 スラ艇は乗ってないけどスラをやってみたい、家族と楽しみながら下りたい、自己タイムを更新したい、ハイレベルなレースで入賞したい…。十人十色の参加目的を叶えるのがこの多岐に渡るクラス分けであり、にじますカップの最大の特徴ではないかと思っています。

 A特別賞の存在。
 上位入賞以外にも、「大会を盛り上げた(=観客を楽しませた)」参加者には特別賞が授与されます。ネタを仕込んで特別賞を狙うというのも立派な目標になりえると思います。
 ちなみにラナ(私ではなく)は2005年の第11回大会で受賞しました。そして最高の特別賞「にじますカップ」は、昨年の第13回大会においてアズマックス(と女優R)が見事に獲得しました。

 B明科の名産物を楽しめる。
 毎年参加賞として地元の名産にじますの甘露煮などがもらえます。昼食にはにじますのフライが出ます。川魚大好きな私にはたまらないご馳走です。また入賞すれば、地酒「廣田泉」がもらえます。

 長良川WWFでスラを初体験し、興味を覚えましたが、かといってラナを放置してスラ艇に乗るなんてことはできません。その点、このにじますカップでは、ダッキーでわんこと一緒に乗ったままレースに参加できます。そのため、会場が長野県旧明科町(現安曇野市)という、大阪から約400km離れたクソ遠い地でも初出場の2004年以降、毎年欠かさず出場させてもらってきました。
 関東に転居した今年は、距離的には約220kmと随分短縮されたとはいえ、奥様の体調次第だったので出場は正直微妙だと考えていましたが、最終的に何とか出ることができました。

 周囲では、福島カヌー教会の元やんさんとそのご家族がはるばる福島から400km以上の道のりを走破して初参加です。ポリ艇N1部門だそうで。
 去年のにじますカップ受賞者アズマックスとその後輩野人「レオンと野人」がはるばる姫路から参加。スパイダーマン芸を披露した去年と異なり、今年はマジメに漕ぐらしい。名艇アキレスKX-375でその他部門出場です。

080614nijimasu001.jpg

 会場にはなんとKYOKOさんも来てはりました。女性のポリ艇FP1部門に出場するらしいです。自転車に乗って颯爽と走るアルプスの少女ミケさんもお会いしました。長良川でキャンプして以来です。ヘルメットにはにじますが乗っていました。またゴールデンレトリーバーのバニラとダッシュにも再会しました。にじますカップは出会いの場でもあります。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 16:32| Comment(4) | TrackBack(1) | 甲信越>前川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする