2008年10月13日

52 第15回長良川WWFダウンリバー/三日目(長良川6)

水位:0.26m(稲成)気温:22℃(八幡)天気:晴れ
区間:新三日市橋〜子宝温泉下 メンバー:tomoさん、コニー、会長
応援:会長嫁、後輩一号、川太郎


 長良川WWFもいよいよ最終日。ダウンリバーを残すのみとなりました。最後のトリを飾るダウンリバーは、新三日月橋から子宝温泉までの約8kmという長距離の航下タイムを競う種目です。ポイント配分が高く、最高400点獲得できるため(SP;SLは300点)、一発逆転のチャンスが大きいのが特色です。

 このダウンリバーの明暗を分ける要素とは、いかにトップスピードを維持できるかということに尽きると思います。
 そのために要求される力とは、徐々に削られてもペースを落とさずに漕ぎ続けられる持久力。ここでいう持久力とはマラソンのような心肺能力ではなく、両腕の筋持久力を指します。
 そして、エディーに食われたり、スタックすることなく、常にメインカレントを維持できる川の流れを読む力。以上の二点だと考えます。

 前者は正直、不安要素です。スプリントですでに予兆が出ていましたので。とくに今日のような渇水では瀞場が多く、この持久力を求められる比率が高い。しかしながら後者は強みだと思っています。過去何十回と下り、しかも前日に下見を済ませ、航下コースはインプット済みです。

 日頃川下りをメインで楽しんでいる私にとって、ダウンリバーは三種目中、最も勝ちたいという気持ちの強い種目です。
 しかし目の前にはあの美並カヌークラブが巨大な壁として立ちはだかっています。
 果たして勝てるのか?

 結論から言えば勝てる、と思っていました。
 過去のWWF対戦歴はこんな感じです。

 <2005年>
 水位:0.53m チーム:シャレコウベ(会長)
 美並カヌークラブ(1位):35分26秒
 シャレコウベ(2位):35分57秒
 (RJ1 1位 デスデラゴ:34分39秒)

 <2006年>
 水位:0.33m チーム:デブデック(アズマックス)
 テイケイ・スーパー(1位):48分16秒
 美並カヌークラブ(2位):50分07秒
 デブデック(3位):50分29秒

 <2007年>
 水位:0.82m チーム:わんことUNKO(UNKO-MAN)
 わんことUNKO(1位):41分35秒
 美並カヌークラブ(2位):41分56秒
 (RJ1 1位 テイケイ:42分37秒)

 上記からは、徐々に差を縮め、去年の大会ではついに20秒差で勝利したことが分かります。通算成績は1勝2敗でまだ負け越しですが、何より勢いがあります。この勢いをもってすれば負けるはずがない、と。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

51 第15回長良川WWFスラローム/二日目(長良川5)

水位:0.49m(稲成) 気温:20℃(八幡) 天気:曇り 区間:三段の瀬
メンバー:tomoさん、コニー、会長
応援:会長嫁、花鳥、義父母、後輩一号、川太郎

 長良川WWF二日目はスラローム。
 三段の瀬約500mの区間に設置された合計12の旗門(ゲート)を通過してタイムを競う競技です。

 今年は水量が少ないので、多少強引にいってもフリップしないやろし、ちょっとくらいタイミングをミスしてもリカバリーしやすいでしょう。したがって不通過(ペナルティ:50秒)は少なく、タイムに差が出にくいのではないかと思われます。接触(ペナルティ:5秒)など、小さなミスが命取りになりそうです。

 スラロームは専門性が高く、上達するためにはちゃんとした訓練が必要だと思いますが、我々を含めおそらく経験者はいないと思います。このような素人同士での戦いの場合、差を生むのは、まずはベースとなる操船能力と、川の流れを読む力。そしてより大事なのは、自身のスキルを把握した上でシミュレーションし、航下ルートを組み立てる力だと思います。
 前者はフリースタイルカヤッカーが得意とする領域です。後者には正解がないのでかなりアタマを使いますが、過去の出場経験がものをいってきます。
 そう考えれば、このスラローム競技は我々のチームにとってかなり有利なはずです。その割にここ数年間1位を取ったことがなく、イマイチ結果が伴っていないんですが、ぶっちぎりの得意分野を作るとすれば、ここしかないと思っています。

 さて、ゲートはこんな感じで設置されていました。ダッキーは、1番から12番までの旗門のうち、4番と9番が免除されます。



 1番、2番ゲートが最難所。ここをどう下るかが勝敗の分かれ目になりそうです。

081012wwf03.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

50 第15回長良川WWFスプリント/一日目(長良川4)

水位:0.30m(稲成) 気温:23℃(八幡) 天気:曇りのち晴れ 区間:<予選>ホーセン〜法伝橋 <リエゾン>法伝橋〜講和橋 <決勝>三段の瀬
メンバー:tomoさん、コニー、会長


 この三連休は長良川ホワイトウォーターフェスティバル(長良川WWF)に参戦してきました。

 長良川カヤッククラブことNKC会長とのチーム「シャレコウベ」で、あらゆるダッキーのレースに優勝するという目標を立てた今シーズン。まあ目標といっても何か特別に練習をするわけでもなく、会長はフリースタイル、私はラナと川下りという各々気ままな週末を過ごしてきたわけですが、これまでリバベン、天竜川WWFと順調に制覇してきており、悲願達成まであと一歩の王手というところまできています。

 この長良川WWFの特徴は、休日三日間をフルに使い、初日のスプリント、中日のスラローム、最終日のダウンリバーという三種の多彩なレースが行われ、その総合ポイントで順位が決まるという点。つまりただ流れを読むのがうまいだけとか体力自慢というだけではダメでして、戦術、技術、体力のバランスが取れていないと勝てないという、他の大会と比べてなかなかに難しいところのある大会なのであります。

 今回、身内からの参加はコニーとtomoさんの「コニーとトミー」。二人のコンビは初めてというインスタントチームですが、個々のスキルは高く、決して侮れません。チームワーク次第では我々が食われる可能性だってあります。
 その他には常連の古豪美並カヌークラブ、そして新星テイケイの練習生肉じゅばんと鳥大UNKO-MANのチームが出ているはず。今年のWWFはいつにもまして混戦になることが予想されます。

 予選は例年通り宝泉郡上から法伝橋までの約1,000m.
 水位は稲成観測所で0.30mとかつてない渇水ぶりです。コースのほとんどが瀞場なので、ほぼ純粋な体力勝負となりそう。平日の疲れを抱えたまま、ろくに眠らず長距離ドライブで当日現地入りする社会人チームにはきついコンディションですが、こればかりはどうしようもありません。
 出せるだけの力を振り絞って漕いだ感触は、可もなく不可もなくという感じ。コースはミスなく下れましたが、残りの1/3でスタミナ切れを起こして失速してしまいました。
 ところで、UNKO-MANの姿がどこを見渡してもありません。
 「どうも、ぎっくり腰で欠場らしいで」
 会長が鳥大Nの君に聞いてきました。直前でダッキーを抱えた際にやられたらしいです。

 三段の瀬まで、リエゾン区間を航下。本日ラナと一緒に下れるのはこの区間だけです。途中、コンクリの瀬ではKYOKOさんたちと久しぶりに顔を合わせることができました。

 決勝会場の三段の瀬に到着すると、肉じゅばんが来ていました。
「学生最後の大会が欠場なんて最悪ですよ…」
 肉じゅばんは天竜川の戦いの敗北後、臥薪嘗胆の思いでカヤックを買い、ダブルブレードの練習をしまくっていたらしい。とんでもない奴です。
 彼らが欠場と聞いて、ほっとした気もありましたけど、やっぱり気が抜けてモチベーションがガクンと下がったというのが正直な気持ちですね。非常に残念でした。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:13| Comment(3) | TrackBack(1) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

36 梅雨明け、夏本番(長良川3)

水位:0.39m(稲成) 気温:35℃(美濃) 天気:快晴 区間:講和橋(ビーチ)〜勝原橋
メンバー:AZマックス、コニー


 「ポーニョ ポニョ ポニョ さかなの子♪」
 あのメロディが、頭から離れません…。

 夜中の3時に関西に向けて出発。一応、奥様の住まう関西が目的地でしたが、どっかで漕いできてもよいというお許しをいただけたので、長良川に寄り道することにしました。もはや「寄り道」とは呼べないくらい迂回しちゃってますが…。

 長良川にしたのは、アズマックスとコニーが来ると聞いていたので、混ぜてもらおうと思ったためです。今週は漕ぐのお休みかなと諦めていたので、ご機嫌でFMラジオから流れるポニョのメロディを口ずさみつつドライブしていましたが、ふと客観的になってみると三十路の男が一人で楽しそうに歌っている姿はかなり気味が悪い。

 夜中に出た甲斐あって、渋滞に巻かれることなく朝8時過ぎに道の駅に到着。コンノではすでに5人くらい入っています。アズマックスはすでに到着していました。最近漕いでんの? って聞いたら、揖保川の洞門ホールで一人でスポットに励んでいるようです。漕ぎ方見ても、カヤックがすっかり板についた感じ。

080719nagara03.jpg

 梅雨明け日に相応しい、ピーカンの青空とジリジリと焼けるような陽射しにアブラセミの鳴き声。講和橋の上流に広がる砂地(ビーチ)には、青、赤、黄色といった色とりどりのラフトボートが何十艇と並んでいます。いかにも夏、って光景です。この十日間くらいで一気に夏らしくなりました。川の水に浸かると気持ちいい。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

16 花鳥送別会/二日目(長良川2)

水位:0.32m(稲成) 気温:19℃(美濃) 天気:快晴 区間:講和橋(ビーチ)〜ふれあい広場
メンバー:ヤマカズさん、N村さん、tomoさん、アズマックス、会長、花鳥、コニー、オギー、モリ君、後輩1号(回送)


 今日もいい天気。
 KROさんは昨日のうちに帰られましたが、その代わりに本日はオギーとモリ君が登場。これでNKCのメンバーほぼ揃い踏みです。
 オギーは一児の父となり、モリ君は消防士となりました。
 王子の転勤だけでなく周囲にも環境の変化は起こっているわけです。

 変化といえば、ラナがだいぶ太りました。
 10月に膀胱炎と結晶尿で病気して一時食欲も落ちていたのですが、快復後に療法食(Hill's c/d:ストルバイト尿石症の再発防止食)を食べさせるようにしたところ(ちなみに普通に買うと1kg1890円で家族で一番高いもの食べてます)、非常によく食べるようになりました。私としてもまた病気になっては困るのでどんどんあげていたら、いつの間にか胴回りが二回りくらいでかくなっていたというわけです。
 コニーのお腹と合わせて皆から指摘されましたが、二人(一人と一匹)には太っているという自覚がないという点でも共通していました(笑)。

 さて、王子こと花鳥の送別ダウンリバーには、この二人以外にも参加者がいはりました。
 ナラヨシでよく一緒になった「ナラヨシ友の会」のN村さんとヤマカズさんです。花鳥(当時:EZ課長)が学生時代に所属していたチームですが、この日のためにわざわざ来ていただいたのでした。
 めっちゃ久しぶりです。2年半ぶりくらい?
 ラナがまだ小さい頃から、よくナラヨシでお会いしてました。あの頃は二人ともめっちゃ年上に思ってましたが、実はそれほどでもありませんでした。とくにヤマカズさんがtomoさんより年下だったのにはびっくりでした。向こうがまったく変わらないのか、私が老けたのか…。
 ちなみに花鳥は二人に対して相変わらずの心酔ぶりで、普段毒吐きまくりの彼のキャラとあまりに乖離しているので、tomoさんに相当いじられてました。

080406nagara01.jpg

 終了後は「台湾ラーメン」で昼食という大勢を、花鳥の鶴の一声で「中華料理2○○○年」へ。独特のキャラをしたマスターのいるお店です。花鳥は好きらしいですが、どうもコニーは馬が合わないらしく、終始切れ気味です。

080406nagara18.jpg

 まあ、キャラはともかく、時間に相当余裕がないと来れない店であることは確かです(料理が出てくるのがめちゃくちゃ遅い)。
 学生時代に花鳥たちと一度食べに来たことがありますが、料理のメニューといい、店内の備品といい、マスターの佇まいといい、店内の雰囲気はあの頃とまったく変わっていません(トカゲ台風時の洪水で一度流されているはずですが)。長良川の七不思議の一つです。

 最後に花鳥、名古屋での長い長い修行期間、どうもお疲れ様でした。
 本来の研究職で、充実した生活を送ってください。そしてようやく休めるようになった土日は、同じ関東同士、機会あれば一緒に漕ぎましょう。

 また、転勤後のブログ「花鳥料理2000」開設楽しみにしてます。

ニックネーム ラナ父 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする