2008年12月31日

【番外編】2008年を振り返って

 関東に転勤して1年目の今年。
 8月には川太郎の誕生により、二児の父親(長女ラナ、長男川太郎)となりました。

 ◆川への出撃日数
 64日(参考:2007年;59日、2006年;60日)
 年間80日以上漕いでいた独身時代に比べれば二割ほど減ってしまいましたが、結婚して、小さな子供までいるにもかかわらずこれだけ漕がせてもらえれば何も言うことはございません。
 ちなみに多摩川には1/3以上の23日も行ってました。ウチから御嶽まで約50km,約90分という抜群のアクセスの良さが大きいでしょう。関西やと、嫁実家の兵庫三田からナラヨシまで約100kmあるもんなあ。

 ◆大会の結果
 【第32回日本リバーベンチャー選手権大会(5/31)】
 ・優勝/19チーム(2men(ダッキー)の部)

080531riverven84a.jpg

 最初の瀬で撃沈というあの屈辱の日から三年。初めて首位を獲得し、11年越しで学生時代からの悲願を成就できました。しかし公式記録として残るのはシングルパドル部門のみらしく、ダブルブレードは表彰の対象外。まあそれでも一応の目標は達成したということで。

 【第14回にじますカップ(6/14)】
 ・3位/11チーム(その他部門)

080614nijimasu026a.jpg

 今年も後輩たちが出場してくれました。アズマックス&野人のチーム「レオンと野人」は四位と大健闘。福島から遠路参加されたF●CK元ヤンさんは初出場にもかかわらず激戦区のプレイボートのN1部門で堂々の5位入賞。一緒にキャンプし、翌日は万水川を一緒に下らせてもらいました。

 【第12回天竜川WWF(9/6-7)】
 ・優勝/16チーム(二人乗り部門)

080907twwf37.jpg

 もはや恒例となった20kmの超ロングダウンリバーレース。Unkomanと肉じゅばんの強豪チームにぐいぐい追い上げられながらも、何とかV3を達成。花鳥&コニーのチーム「チュパカブラ」はボロ負けでしたが、豊作ダンスでは十年に一人の逸材と呼ばれるその才能を遺憾なく発揮していました。

 【第15回長良川WWF(10/11-13)】
 ・優勝/10チーム(インフレ部門)

081013wwf24.jpg

 シャレコウベとして初めて美並カヌークラブを下し、総合優勝。目標だった三大会全制覇を成し遂げました。しかし最終日のダウンリバーでは完敗を喫し、根本的な体力面で課題を残しました。tomoさん&コニーのチーム「コニーとトミー」が予想外の大活躍。スプリント決勝での泥仕合は忘れられない思い出となりました。

 ◆下った川
 ・総本数…22本(参考:2005年:21本、2006年:19本)
 ・初めて下った川…10本(参考:2007年;9本、2006年;4本)
 目標100本に対して、現在75本まで迫りました!

 【内訳】 ※青字は初めて下った川

 <関東>
 多摩川(23) ※御嶽渓谷(18) 鳩ノ巣渓谷(1) 惣岳渓谷(2) 丹波渓谷(2)
 日原川(3) 秋川(2)
 荒川(4) 利根川(水上)(2) 神流川(1) 小貝川(1)

 <甲信越>
 桂川(相模川)(8) 葛野川(1)
 天竜川(2) 前川(1) 犀川(1) 万水川(1)

 <東海>
 長良川(6) 大井川(1) 安倍川(1) 藁科川(1)

 <近畿>
 奈良吉野川(1) 木津川(伊賀川)(1) 五月川(名張川)(1)
 武庫川(1) 揖保川(2)

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 07:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

【番外編】メリクリ

 世間はメリークリスマスですが、我が家では一足先に22日にお祝いしました。予算1,000円までと決めて、プレゼント交換です。

 あまり人に物をあげたことのない私は何を買ってよいのか正直悩み、結局おもちゃ屋さんでスノーマンを購入(千円では全然足りませんでしたが)。嫁のコメントは、「あっ、クリスマスの間は玄関に飾ってるね!」というものでした。

SANY0549.jpg

 妻からの贈り物は、本でした。村松昭さく『日本の川 たまがわ』という本です。子供用の絵本です。

 SANY0546.JPG

 へえ〜、という気分でパラパラめくってましたが、おっとこれは意外。詳細な川地図ではないですか。下流部だけでなく、御嶽はもちろん、この前下った惣岳渓谷や、鳩ノ巣渓谷、そして小河内ダム上流の丹波渓谷も載ってます。

SANY0547.jpg

 さらにはなんと、下りたいなと思っていた小菅川の地図まで…。

SANY0548.jpg

 うーん、絵本にこんな詳細な情報が記されているなんて…。盲点でした。しかし、最高のプレゼントでした。見事にツボつかんでるなあ。じっくり堪能したあとは、川太郎に読み聞かせ、洗脳してやろうと思います。

 ちなみに、ふとしたことで二年前のクリスマスは何してたんかいなという話になりましたが、答えは長良川→飛水峡でした。フォレストパーク373で「エキノ コックス!」と花鳥が意味不明に叫んでいたのが忘れられません。




ニックネーム ラナ父 at 22:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

【番外編】川太郎、4ヶ月検診(BCG注射)

 川太郎が無事に生後4ヶ月を迎え、4ヶ月検診とBCGの予防接種を受けてきました。

 ちなみにBCGって、何の予防か知ってる? と嫁。

 答えられませんでした。昔受けた記憶がありますが、そういえば何の予防までかは知らんなあ。

 解答は、結核の予防でした。今どき結核なんかないやろと思っていたんですが、電車の吊革広告にたまに「結核は過去の病気ではありません。今でも世界人口の3分の1が感染しています」とか見かけるし、意外と身近なものなんやなあと。

 身長は68cm、体重は7.6kg。いずれも成長曲線の公差内にあり、非常に順調です。首はようやく座りました。うつ伏せもできるようになりました。

081125kohtaro10.jpg

 人の存在を認識できているようで、視界に入ると目で追ってきます。また、こちらの声や表情の変化に反応するようになりました。機嫌がいいときは声をあげて笑ってくれます。寝入っているとき、物音がするなどして眠りが浅くなると、首をぶんぶん振るのが何ともいえずかわいい。

 プレイマットではぶら下がったおもちゃをぐいぐい引っ張って遊んでいます。一人で遊ぶのも結構好きみたい。
 お風呂では手足を動かしてバシャバシャ音を立てるのが好きなようです。お湯が顔にかかっても嫌がらない。親水性は高いと思われます。将来が楽しみやなあ。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

【番外編】ラナ、6歳になる

 ラナが無事に6歳を迎えました。

 今食べているドッグフード(サイエンスダイエット)って、7歳からシニア用に切り替わるんですよね。もう老犬の一歩手前ってところです。
 大型犬は小型犬に比べて成長が遅く、老化が早い。大型犬の6歳を人間の年齢に換算すれば、47歳くらいらしい。この先1年ごとに7歳ずつ、年齢を重ねていくようです。わんこの誕生日ってのは、飼いはじめの新鮮な気持ちを思い出させてくれる貴重なイベントですが、お別れの時が刻一刻と近付いてくるのをリアルに感じる場でもありますので、正直切ない気持ちのほうが強い。徐々に覚悟していかないと…。

030211lana03.jpg

 6歳の誕生日は、生まれて初めてのお誕生日プレゼントを嫁が用意してくれていました。
 山盛りのササミです。
 最初、自分の食べ物と思っていなかったようですが、三日ほどかけて美味しそうに平らげました。

081123mitake02.jpg

 この一年は、関東への単身赴任など環境の変化がとても大きかったこともあり、まず膀胱炎を大いに悪化させてしまいました。

 去年の12月ですが、獣医さんから「ちょっとした膀胱炎ですというレベルは越えてますね。かなりひどい状態です」と言われたことがあります。

 ことの発端は、ペットシートの尿の隅っこに小さなゼリー状の血塊が目に止まったことでした。生理かな?とも考えましたが、スパンが短すぎます。それより前月に患った膀胱炎との関連にすぐ思い至りました。
 ひょっとして、治っていないどころか、悪化しているんじゃあないだろうか。当初嫌がっていた室内でのオシッコにも慣れ、夜中に散歩に起こされることもなくなり、何より食欲が元に戻って元気いっぱいなので、自然治癒したんだろうと思い込んでいましたが、迂濶でした。

 尿検査の結果、白血球と細菌だらけだったらしいです(本来、無菌であるべきらしい)。また例のゼリー状のカタマリからは、結晶が見つかりました(ストルバイトの疑い)。レントゲンも撮りましたが、膀胱の底には結石らしきものも見つかりました。

 尿のpHは8でした。アルカリ性ですが、治療のためには酸性に変えてやり、膀胱内の細菌を滅ぼし、かつ結晶を溶かす必要があるそうです。
 で、どうやるかというと、食事療法らしいです。

 今まで食べさせていたヒルズのサイエンスダイエットから、同じくヒルズのS/Dというものに切り替えることになりました。尿を酸性にし、この結晶を溶解させ、細菌感染を予防する働きがある療法食です。ただし塩分が濃く、腎臓に負荷がかかるため期間を限定する必要があるそうです。ラナの場合は一週間でした。
 一週間後の再検査では、見事に尿が酸性になり、膀胱内の結晶も消えてなくなっていました。何より尿からゼリーが出てくることがなくなり、再び室内でオシッコしなくなりました(かつてのように朝晩二回、散歩のときだけ)。

 これで万事解決かというと、しかしながらそうではありません。再発防止を徹底するためには以後ずっとC/Dという、S/Dよりソフトな維持食を続ける必要があります。これがえらい高カロリーみたいで、一冬食べさせたらラナがめちゃくちゃ太ってしまいました。ということで現在は通常食と混合してあげることにしています。嫁が育休で一時的に関東に来てくれていて、落ち着いた生活が送れているのが大きいと思いますが、現在再発の兆しはありません。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

【番外編】聖衣修復

 前述しましたが、一昨日の御嶽で愛艇リンクスがまたもや致命傷を負ってしまいました。こういうケースは過去に幾度となくあり、そのたびに接着剤と共生材(生地の端切れ)を駆使してフェニックスのごとく蘇ってきましたが、もはや自己修復(接着)では限界の域に達してきました。

081102mitake23.jpg

 市販の接着剤(ビニル用ボンド)では半年、長くて一年程度しかもたず、接着面が剥がれるタイミングでさらに傷口が広がってしまい、年を追うごとに傷が大きく、複雑になってしまうのです。

081102mitake22.jpg

 こういう時は輸入代理店のパール金属に依頼するのが基本ルートですが、過去に修復不能と断られた経緯があります。

 そこで五老峰の老師の教えに従い、死んだリンクスを完全修復できる人物を訪ねる旅に出ました。
 実はこの世界には修復の達人が存在します。もはや国内唯一にして無二と言って良いでしょう。いわば、ラフト・ダッキー界のジャミールのムウです。まあ、実物はムウの優雅なイメージとはかけ離れており、赤城山に住む寅さんって感じですが。知る人ぞ知る、アワーズさんです。自社ブランドで川蝉、旅鴉などのダッキーを製造販売する傍ら、メーカー、購入元を問わず修理してもらえます。

 そのムウ曰く、聖闘士の血を使えば完璧に蘇ると。まあしかし現実的なところで溶着(両面に共生材を貼り付け、高周波で結合させる手法)で見積を依頼しました。
 費用の目安は、「一ヶ所の穴や切れた長さが30/cm以下¥5,000,オーバー10/cmごとに¥3,000」となっています。
 リンクスの傷の長さはおそらくトータルで200cmは越えるでしょう。しかも溶着時に接着剤の跡は邪魔となるので完全に剥がしてやる必要があり、これまた追加費用がかかってしまいます。

 うーん、バンディットが買えてしまいそうな値段やな…。しかし、物言わぬ道具なれど長年苦楽を共にしてきた相棒を捨てるようなことは極力したくない。できることなら再び生命の灯を吹きこんでやりたい。
 費用が費用なので、即依頼というわけにはいきませんが、時機を見て完全復活させたいと思います。

ニックネーム ラナ父 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする