2008年12月31日

【番外編】2008年を振り返って

 関東に転勤して1年目の今年。
 8月には川太郎の誕生により、二児の父親(長女ラナ、長男川太郎)となりました。

 ◆川への出撃日数
 64日(参考:2007年;59日、2006年;60日)
 年間80日以上漕いでいた独身時代に比べれば二割ほど減ってしまいましたが、結婚して、小さな子供までいるにもかかわらずこれだけ漕がせてもらえれば何も言うことはございません。
 ちなみに多摩川には1/3以上の23日も行ってました。ウチから御嶽まで約50km,約90分という抜群のアクセスの良さが大きいでしょう。関西やと、嫁実家の兵庫三田からナラヨシまで約100kmあるもんなあ。

 ◆大会の結果
 【第32回日本リバーベンチャー選手権大会(5/31)】
 ・優勝/19チーム(2men(ダッキー)の部)

080531riverven84a.jpg

 最初の瀬で撃沈というあの屈辱の日から三年。初めて首位を獲得し、11年越しで学生時代からの悲願を成就できました。しかし公式記録として残るのはシングルパドル部門のみらしく、ダブルブレードは表彰の対象外。まあそれでも一応の目標は達成したということで。

 【第14回にじますカップ(6/14)】
 ・3位/11チーム(その他部門)

080614nijimasu026a.jpg

 今年も後輩たちが出場してくれました。アズマックス&野人のチーム「レオンと野人」は四位と大健闘。福島から遠路参加されたF●CK元ヤンさんは初出場にもかかわらず激戦区のプレイボートのN1部門で堂々の5位入賞。一緒にキャンプし、翌日は万水川を一緒に下らせてもらいました。

 【第12回天竜川WWF(9/6-7)】
 ・優勝/16チーム(二人乗り部門)

080907twwf37.jpg

 もはや恒例となった20kmの超ロングダウンリバーレース。Unkomanと肉じゅばんの強豪チームにぐいぐい追い上げられながらも、何とかV3を達成。花鳥&コニーのチーム「チュパカブラ」はボロ負けでしたが、豊作ダンスでは十年に一人の逸材と呼ばれるその才能を遺憾なく発揮していました。

 【第15回長良川WWF(10/11-13)】
 ・優勝/10チーム(インフレ部門)

081013wwf24.jpg

 シャレコウベとして初めて美並カヌークラブを下し、総合優勝。目標だった三大会全制覇を成し遂げました。しかし最終日のダウンリバーでは完敗を喫し、根本的な体力面で課題を残しました。tomoさん&コニーのチーム「コニーとトミー」が予想外の大活躍。スプリント決勝での泥仕合は忘れられない思い出となりました。

 ◆下った川
 ・総本数…22本(参考:2005年:21本、2006年:19本)
 ・初めて下った川…10本(参考:2007年;9本、2006年;4本)
 目標100本に対して、現在75本まで迫りました!

 【内訳】 ※青字は初めて下った川

 <関東>
 多摩川(23) ※御嶽渓谷(18) 鳩ノ巣渓谷(1) 惣岳渓谷(2) 丹波渓谷(2)
 日原川(3) 秋川(2)
 荒川(4) 利根川(水上)(2) 神流川(1) 小貝川(1)

 <甲信越>
 桂川(相模川)(8) 葛野川(1)
 天竜川(2) 前川(1) 犀川(1) 万水川(1)

 <東海>
 長良川(6) 大井川(1) 安倍川(1) 藁科川(1)

 <近畿>
 奈良吉野川(1) 木津川(伊賀川)(1) 五月川(名張川)(1)
 武庫川(1) 揖保川(2)

◆初めての川

 関東に移って最初の年なので、初めての川の本数を稼ぐチャンスと考えてましたが、市販の川地図に載っているようなメジャーな川は過去にすでに下ってしまっており、もはや新規開拓の余地はないんかなと思っていました。結局のところ、御嶽、長瀞くらいしか漕げるところがないんちゃうかとあまり期待はしていませんでした。

 しかしまあ、アンテナを張り巡らせると結構あるもんですね。今や、川環境はこっちのほうが関西よりええんちゃうかと思っています。
 川仲間にも恵まれました。takeさんやG君たちあひるBの皆さんや、同じくこっちに転勤してきたNKCの花鳥(現在出稼ぎ中)といろんな川へ出かけました。さらに今年は雨量が多く、水量に恵まれた類い希な年ということもあり、最終的には新しい川を10本も下ることができました。
 10という数はひとつの節目と考えていたので、クリアできて嬉しい限りです。また、今年は印象に残った川ばかりで非常に甲乙付け難く、例年は上位3位までしかランキングしませんが、今年は5位まで拡大することといたしました。

【66 五月川(名張川)(奈良)】

080104nabari27.jpg

 予想以上に水量のある川でした。本川の伊賀川と同程度という印象です。下った区間は高山ダムに近い下流部ですが渓谷状になっており、岩が大きく、航下ルートが複雑でした。もう少し増水すれば、相当おもしろくなるんちゃうかと思います。また水量次第では上流部もコース設定できそうです。結構、穴場かもしれません。

【67 大井川(静岡)】

080211ohi10.jpg

 流域面積が大きいので大河を連想していましたが、上流部や支流はダムだらけでほとんど水が流れていませんでした。上流部の接阻峡や寸又峡は渓谷美が最高クラスだっただけに非常に惜しかったです。下ったコースは大井川ダム直下の穿入蛇行区間でしたが、この日は水質、水量共にイマイチでした。後半はユンボが入ってむちゃくちゃになっていました。取るコース間違えましたかね。下流域をのんびり下るほうが良いのかもしれません。

【68 安倍川(静岡)】

080223abekawa29.jpg

 一級河川水質ランキング一位に輝いたこともある清流です。期待いっぱいで訪れましたが、小雪ちらつき寒風吹きすさぶ真冬の渇水時だったため、清流を楽しむどころではなく、何度も歩く羽目になりました。水量の多い時期にぜひとも再訪したい川です。それにしても「本流・支流にひとつもダムのない」という記載(Wikipedia)の割には、砂防ダムやテトラの床止めが結構目立ちました。「ダムがない」=「自然が色濃く残されている」というイメージを勝手に作りあげていたのですが、大きなギャップを感じたのが印象に残っています。

【69 揖保川(兵庫)】

080420ibogawa25.jpg

 帰省した際に、tomoさんのご案内で下りました。兵庫県の川と言えば、幼少期を尼崎で過ごした私としては汚い、水量少ない、人工物だらけとイメージしてしまうのですが、この川はそんな偏見を見事に打ち破ってくれました。たまたま天気や季節、水量に恵まれたというのもありましたが、正直、このコンディションなら充分にホームリバーになりえるなというほどの楽しい川下りでした。もっと早く目をつけとくんやったという後悔の念と、こんな川がまだ近所に残ってたんやという嬉しさとがない交ぜになった複雑な気分です。
 ちなみに右支川に引原川という岩だらけの支流があり、水量次第で下れるらしい。機会に恵まれればここもぜひ訪れたいと思っています。

【70 藁科川(静岡)】

080421warashina42.jpg

 大井川と同様、関西からクルマで戻る途中に寄り道して下りました。安倍川の支川ですが、本川とは異なり砂防ダムなどの巨大な人工物は見当たりませんでした。水質もかなり良です。そこそこ迫力のある瀬もあり、高い位置でバランスの取れた名川という印象でした。

【71 神流川(群馬)】

080426kannna056.jpg

 蛇木渓谷を花鳥と二人で下りました。22年前の情報『川地図101』だけを頼りに、人気のない渓谷を手探りで切り開いていく感覚は、あの武庫川渓谷を初めて下ったときに味わったものと似ていました。結果的には、渓谷部は約1kmと短い上にそれほど深くなく、勾配も緩めなので比較的安心感を持って臨めました。また、源流部にはあの御巣鷹山があります。当時ちょうど『沈まぬ太陽』を読んでいたこともあり、その意味でも印象深い川下りとなりました。
 ちなみに下流の下久保ダム直下には三波石峡と呼ばれる景勝地があります。ここも機会があれば下ってみたいです(普段は水がないですが)。

【72 日原川(東京)】

080629nippara47a.jpg

 奥多摩を流れる清流です。しかし市販の川地図にその名はなく、さらに谷が深すぎて車道からではろくに下見ができません。途中ヤバいのが出てきて、こらあきませんわということになっても、途中でリタイアすることができませんので緊張感が違いました。
 自然の色濃さ、川相の素晴らしさはピカイチです。首都東京が持つもう一つの意外すぎる顔を見た思いでした。

【73 葛野川(山梨)】

080525kazuno51.jpg

 桂川ロワー区間が上流より各段にキレイなのはこの支流のおかげかと思います。興味津々で訪れてみましたが、上流は谷が深すぎ、下流は堰堤&浅すぎでコース設定が難しい川でした。上流のダム放水量が公開されているので、よい機会に複数メンバーで上流部に臨みたいと思います。

【74 秋川(東京)】

080927akigawa13.jpg

 秋川渓谷の一部を下りました。下流から岩瀬峡、中山峡、橘峡を成しており、水量次第ではかなりバリエーションに富むコース取りができそうです。今年は橘峡を下ってみたいですね。なお釣りで有名なので、シーズン中は外したほうがよいかも。


【75 小貝川(茨城)】


080915kogaigawa08.jpg

 買い替えのため柏市のクルマ屋さんに行った際、比較的近かったので下りました。私が現在住んでる川崎市北部は丘陵地でやたら坂が多いんですが、ここらは真逆でひたすら平野が続いていました。したがって川もゆるゆるです。『川地図101』では「のどかな風景 河童が出そう」と表記されたベストコースを取ったつもりでしたが、今ひとつ感じるところがありませんでした。めちゃくちゃゴミ多いし。ちなみにバス釣りをやってるような川を漕ぐのは何気に初めての体験だったりします。

《初めてのセクション》

【 桂川(アッパー)(山梨)】


080202ukatsura57.jpg

 川茂堰堤の定期放流時にはエクストリームなカヤッカーたちの集う、いわゆる「アッパー桂川」と呼ばれる区間です。
 そこをあえて渇水時に下り(半ば歩き)ました。核心部付近の両岸が一枚岩で覆われたような景観は、凄まじいまでの迫力です。今年最初の冒険的川下りとして記憶に残る川下りでした。唯一にして最大の難点は、水が臭い…。猿橋下流のいわゆるロワー部とは比べ物にならないくらい臭います。

【 丹波川(丹波渓谷)(山梨)】

080511tabagawa064.jpg

 ダウンリバーの対象としてよりは心霊スポット「おいらん淵」のほうで有名かも知れません(笑)。おそるおそる下見しましたが、その渓谷美にすっかり魅せられてしまいました。
 今年下った中で難度No.1だったと思います。唯一マジ沈した川でした。しかもフネを流失するという体たらくで、ボロクソにやられてしまったという印象です。反省することが多かっただけに、何としても再戦に臨みたいです。

【 多摩川(鳩ノ巣渓谷)(東京)】

081123mitake05.jpg

 この一年間ですっかり馴染みになった多摩川を、もっと深く知るために源流から河口まで下ってみたいなあと思ったのが、この区間に興味を覚えたきっかけでした。
 奥多摩駅〜白丸湖の区間は、澄み切った水がサラサラと音を立てて流れる清流、白丸ダム直下の鳩ノ巣渓谷は想像以上に観光客が多いのには驚きでしたが、心奪われる見事な渓谷美でした。どちらも多摩川の魅力を代表する区間になりえると思います。


【 多摩川(惣岳渓谷)(東京)】


081129sougaku36.jpg

 「多摩川を源流から河口まで」企画、鳩ノ巣渓谷に続く第二弾です。この渓谷は「奥多摩むかしみち」というトレッキングコースとして有名でこそあれ、川下りのコースとしては完全に白紙の状態でした。秋川と同じ状況ですが、秋川より谷深く、下見しづらい、イン/アウト地点が極端に少ない、熊が出るかも?などの点で緊張感はより勝りました。奥多摩駅まで漕ぎ下り、漕破区間が小河内ダムから青梅の釜の淵公園まで繋がった瞬間は、何にも代え難い深い味わいがありました。

 ★★★

 さて今年一年間お付き合いくださいました皆さん、異国の地に移ったばかりにもかかわらず、おかげさまで期待していた以上に楽しいカヌーライフを送ることができました。本当にありがとうございました。2008年度川下りレポートは、この記事をもって完結といたします。来年からはどないしようか考えましたが、とりあえずは同じやり方で、できるところまで続けたいと思ってます。来年からの記事は、2009年度川下りレポートとして新設オープンしますので、今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。

 最後に、人間の年齢に換算してはや不惑を越え、知命に至らんとするラナ、それでも衰えをまったく感じさせず一度も欠かさず付き合ってくれてありがとう。来年もずっと元気で、いつも一緒にいたいものです。

 そして奥様。結婚しても、子供が生まれても、相変わらず週末になれば川に出て、たまに遠出したり、大会に出たり、新しい川を開拓したりできるのは、ひとえにあなたのご厚情によるものです。感謝の言葉もありません。来年こそは、川太郎も一緒に行ける範囲でですが、ずっと我慢している山登りにも行くことで、恩返ししていきたいなと思ってます。

ニックネーム ラナ父 at 07:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
いや〜、昨年は大変お世話になりました。
お蔭様で、前人未到のダッキー三大大会制覇ができました。(まぁ、誰も目指さないんでしょうけど・・)
これも一重にダッキー界のカリスマの力なのは言うまでもありません。特に、リバベンは記録には残らないんでしょうが、我々の11年越しの悲願が達成された非常に記憶に残った大会となりました。「継続は力なり」ってことで、めちゃくちゃ感動したものです。
まぁ、しかし、WWFのダウンリバーでは屈辱も味わったのも事実。今年は、さらに磨きをかけていきたいと思います。とりあえず、伝説のチーム沈虎の復活が近いかもしれません。豊作ダンスも健在です。

Posted by 怪鳥 at 2009年01月08日 23:16
新年おめでとうございます。
こちらこそ大変お世話になりましてありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

私もリバベン、最高に嬉しかったです。敗れ続けて11年、しつこく出場していて良かったですよ。学生時代に一緒に出た他のメンバー、Mとばさんとか後輩のMつもと君とかにも話したいですね。

伝説のチーム、沈虎とはよき戦いとなることを期待しております。今から楽しみです。
Posted by ラナ父 at 2009年01月09日 23:14
らな父さん、こんばんは。
8月の御岳でご一緒させていただいた?者です。

今日夕方、稲田堤近辺で併走していましたよね!?
青のカヤックをルーフトップしていました。
またぜひご一緒しましょう!

Posted by はっつぁん@いわ○し at 2009年01月12日 22:27
おはようございます。

昨日ですが、御嶽で漕いだ帰り道で、川崎街道を走ってました。青いカヤック見つけて、珍しいな〜、とは思っていましたが、まさかお知り合いの方とまでは思いませんでした。
以前は御嶽でうどん一緒に食べましたね。
また機会ございましたらぜひご一緒に漕げればと思います。本年もよろしくお願いいたします。
Posted by ラナ父 at 2009年01月13日 06:39
元ヤンキーの元やんです・・・

昨年は本当にお世話になりました。ラナパパさんにはさんざん助けていただいたり、遊んでいただいたりとお世話になりました。

思い起こせば...水上では一人はぐれたとき、にじますでご一緒したとき、桂川、御嶽に付き合っていただいたときなど思い起こせば・・・数々の場面で助けていただきました。

来年もよろしくお願いします。

怪鳥さま、数年前般若の技に感動させていただきました。今後ともよろしくお願いします。

うどんをくったいわしさん、また今度御嶽で漕ぎましょうね。仙台の方にはいわしさんとお会いした事を伝えたら懐かしがっていましたよ。
Posted by 元やん at 2009年01月14日 21:09
おはようございます。

元やんさんとは、えらい距離が離れているにもかかわらず、4回(5日)も一緒に漕いでたんですね。とくに助けてるという意識はないんですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ラナ父 at 2009年01月16日 05:07
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ラナ父さんの関東転勤が決まったとき、私が、
「関東にも、気になる川いっぱいあるねん。日原川とか…。」
って言ったとき、
「どこですか、それ? どんな字書くんですか?」
とおっしゃっていたラナ父さんでしたが、
既に3回も漕いでらっしゃるのは、サスガですね!
高速料金¥1000になったら伺いますので、
案内よろしくお願いしますね(^_-)
Posted by KYOKO at 2009年01月18日 21:48
新年おめでとうございます。こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

関西で日原川の話、してたんですねえ。当時はあまりにも知らなさ過ぎて、全然印象に残ってませんでした。せっかくいい話を聞けてたのに、もったいないことしましたね。

ちょっと怖いですが、すっごいお気に入りの川となりました。渓流釣りが一段落して、多摩川が少し増水した頃にお越しいただければ、ご案内できると思います。

KYOKOさんも久々にブログ更新されてましたね。猪名川支流の一庫大路次川、ホンマに下られたんですね〜。しかも結構面白そうな川なのがすごい。よく見つけられたもんやと感心しきりです。

Posted by ラナ父 at 2009年01月20日 02:32
え〜、覚えてないの〜
保津川の回送中に話したと思うんやけど(^_^;)
ま、別にいい話はしてませんけどね。
「実地調査よろぴくね〜」とか言ってたような(^^ゞ

私のブログは、半年に1回、半年前のレポートをアップする、みたいなペースになってきますが、
ラナ父さんは、ほんま勤勉ですよね〜
ファンも多いと思うので、今年もがんばってね!

一庫大路次川は、ほんまに、毛虫大量発生中で、大変でしたあせあせ(飛び散る汗)
川沿いの木の全ての葉っぱに毛虫がついてたよ〜たらーっ(汗)
Posted by KYOKO at 2009年01月21日 00:29
保津川一緒に漕いだのって、たしか二年以上前じゃないですか。
そんな以前からご存知だったんですね。

KYOKOさんのブログ、半年に一回でもいいのでぜひ続けてくださいね。ちなみに昔書いてはったテキストベースのやつ、今はWebでは読めないですよね。お気に入りの分だけでも再アップするなんてどうですか? 久々に読みたいなあなんて。

しかし川に毛虫だらけって呪われてますね。私も昔、那賀川上流でアブの大群に襲われて、ミツバチ農家の人みたいになりながら下ったことがありましたが、そのことを思い出してしまいました。
Posted by ラナ父 at 2009年01月22日 01:40
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1620638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック