2008年12月27日

64 下り納めは惣岳渓谷で(多摩川23)

水位:?m(測定不可) [参考:-2.49m(調布橋)] 気温:6℃(小河内) 天気:晴れ
区間:道所橋〜海沢大橋(x.xkm) 所要時間:約3h メンバー:G君


 今年の御嶽は水量が比較的豊富で、調布橋の水位で去年と10センチくらい違います。これは、ひょっとしたら、ひょっとするのでは…? そう、一ヶ月前に下った奥多摩の上流域、惣岳渓谷が下れるのではという淡い期待が湧いてきたのです。
 まあダメ元で、水量不足なら御嶽ということにし、放水口で落ち合ったG君とクルマを上流に向かって西進させました。

 期待は、現実のものとなりました。
 奥多摩むかし道から見た川の眺めは、前回と比べ紅葉が完全に散り、川原が真っ白になっていますが、流れる水の量は同じくらいに見えます。川原を覆う白いものとは、雪でした。
 おおぅ、今日は雪見カヌーですか。車内の温度計を確かめると-1℃.うわ、氷点下ですやん。

 プットイン地点探しにさらに上流へ遡ってみました。小河内ダムの余水吐(よすいはき)の前に出ました。

081227sougaku01.jpg

 このゲートの向こうは奥多摩湖です。ここから始めるのが理想的ですが、川に下りられそうな気配がまったくなく、諦めて前回と同じ道所橋からスタートしました。
 雪が残っているだけあって、渓谷の底はさらに冷え込んでいました。浅瀬に点在する流木は、樹氷のように氷の衣を纏い、陽光を受けて煌めいています。

081227sougaku06.jpg

 ラナは雪で覆われた広い川原を見つけるたびに上陸し、ごろごろ転がって遊んでいました。わんこにも雪が好きという感情ってあるんかな? 先週の御嶽で捻挫疑惑がありましたが、これだけ自由気ままに飛び回っているのを見てると、大したことはなかったみたいです。

081227sougaku09.jpg

 ところで、前回ここを下ったとき、熊に注意しろと地元の方に言われたことがあります。この時期なら大丈夫やろと高を括っていたら、G君曰く、最近は温暖化の影響で「冬眠しない熊」が出てきているらしい、と。このへんには、秩父から流れてきているのがいるかもしれないという話でした。こっわー。
 熊除けの鈴代わりに、ホイッスルをピイピイ鳴らしながら進み、いよいよ最初の核心部、惣岳の荒に到着。

081227sougaku11.jpg

 ここらは岩が凍り付いています。滑り落ちないように気を付けながら岩をよじ登って下見。今日は前回と逆の左岸側ルートを狙います。



 入り口は浅かったですが、それ以降は快適に下れました。この左ルートのほうが比較的下りやすいですね。

081227sougaku15.jpg

 次は梅久保手前の瀬です。コースは前回でだいたい掴んでいるので、上陸なしでさくっと下りました。

081227sougaku16.jpg

 次は栃寄沢です。G君が先頭で突っ込みました。今日はいつもと趣向を変え、G君に先頭に立ってもらいました。後続はトレースが主ですが、先頭だとルートをシミュレーションして組み立てる力が必要になる点で下り方が異なります。たぶん後者のほうがもらえる経験値は多いと思います。



 栃寄沢直下にも瀬が続いています。先の瀬の後半部的な位置付けです。ここもG君はキレイに下る。



 私は右岸ルートから進入しましたが、ものの見事に岩に張り付いてしまいました。フリップは免れましたが、ラナは落水。流されていってしまいました。すいません…。

 さあ次は最大にして最後の瀬です。

081227sougaku18.jpg

 本流は、岩の隙間を稲妻のようにジグザグに縫って落ちています。
 ポイントは、瀬のラストにある岩と岩の隙間をいかに抜けるかというところ。前回ミスした箇所です。前回撮ったムービーを自宅で何度か見て、ルートは頭にインプットしたはずでしたが、生だとやっぱ迫力が違います。うまく切り抜けられる気がまるでしませんな。
 果たして、またしても失敗てました。しかも前回より悪く、隙間の入り口でもたついている間にレフトスターンを食われ、フネは大きくウィリーして岩に乗り上げてしまいました。危うくバックドロップ沈となるところでしたが、何とか堪え、くるんと半回転して着水。そのまま後ろ向きで流されていきました。

 一方、G君はこれもキレイにクリアしてました。やりますなあ。



 前回は時間の都合上、琴浦橋で中断しましたが、今日はさらに進んでいけます。結論から言えば、境渓谷の終わりと思しき檜村橋あたりからは穏やかな流れが続く川相でした。
 南氷川橋が現れました。いよいよ奥多摩駅近くまでやってきました!

081227sougaku26.jpg

 この橋を過ぎてまもなく、左岸側から水量豊富な清流が流入してきました。日原川です。

081227sougaku28.jpg

 この出合から下流は、劇的にキレイになります。ここまでの本流は、いかにもダムからの放流水って感じで、濁りが入り、川底には泥が堆積していましたが、川の水は稀釈され、摩訶不思議なことに川底の泥もきれいさっぱり消失します。
 「多摩川」と呼ばれるようになる小河内ダムより下流においては、この日原川出合から白丸ダムまでの区間がおそらくもっとも清冽な水を湛える区間かと思われます。さらには嫁さん好みの早瀬が続く川相でもあるので、近々連れて行ってあげたいです。

 海沢大橋下の右岸に上陸。ここがゴールです。これで、以前下った氷川キャンプ場から川合堰堤までの区間と繋がりました。川合〜御嶽間を除いて、小河内ダムから釜の淵公園まで下ったことになります。

 いやー、めちゃくちゃ寒かったけど(回送から帰ってきたら道端に置いていたフネが凍ってました)、今年一年を締めくくるに相応しい、最高の川下りでした。

ニックネーム ラナ父 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1619860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック