2008年11月19日

【番外編】ラナ、6歳になる

 ラナが無事に6歳を迎えました。

 今食べているドッグフード(サイエンスダイエット)って、7歳からシニア用に切り替わるんですよね。もう老犬の一歩手前ってところです。
 大型犬は小型犬に比べて成長が遅く、老化が早い。大型犬の6歳を人間の年齢に換算すれば、47歳くらいらしい。この先1年ごとに7歳ずつ、年齢を重ねていくようです。わんこの誕生日ってのは、飼いはじめの新鮮な気持ちを思い出させてくれる貴重なイベントですが、お別れの時が刻一刻と近付いてくるのをリアルに感じる場でもありますので、正直切ない気持ちのほうが強い。徐々に覚悟していかないと…。

030211lana03.jpg

 6歳の誕生日は、生まれて初めてのお誕生日プレゼントを嫁が用意してくれていました。
 山盛りのササミです。
 最初、自分の食べ物と思っていなかったようですが、三日ほどかけて美味しそうに平らげました。

081123mitake02.jpg

 この一年は、関東への単身赴任など環境の変化がとても大きかったこともあり、まず膀胱炎を大いに悪化させてしまいました。

 去年の12月ですが、獣医さんから「ちょっとした膀胱炎ですというレベルは越えてますね。かなりひどい状態です」と言われたことがあります。

 ことの発端は、ペットシートの尿の隅っこに小さなゼリー状の血塊が目に止まったことでした。生理かな?とも考えましたが、スパンが短すぎます。それより前月に患った膀胱炎との関連にすぐ思い至りました。
 ひょっとして、治っていないどころか、悪化しているんじゃあないだろうか。当初嫌がっていた室内でのオシッコにも慣れ、夜中に散歩に起こされることもなくなり、何より食欲が元に戻って元気いっぱいなので、自然治癒したんだろうと思い込んでいましたが、迂濶でした。

 尿検査の結果、白血球と細菌だらけだったらしいです(本来、無菌であるべきらしい)。また例のゼリー状のカタマリからは、結晶が見つかりました(ストルバイトの疑い)。レントゲンも撮りましたが、膀胱の底には結石らしきものも見つかりました。

 尿のpHは8でした。アルカリ性ですが、治療のためには酸性に変えてやり、膀胱内の細菌を滅ぼし、かつ結晶を溶かす必要があるそうです。
 で、どうやるかというと、食事療法らしいです。

 今まで食べさせていたヒルズのサイエンスダイエットから、同じくヒルズのS/Dというものに切り替えることになりました。尿を酸性にし、この結晶を溶解させ、細菌感染を予防する働きがある療法食です。ただし塩分が濃く、腎臓に負荷がかかるため期間を限定する必要があるそうです。ラナの場合は一週間でした。
 一週間後の再検査では、見事に尿が酸性になり、膀胱内の結晶も消えてなくなっていました。何より尿からゼリーが出てくることがなくなり、再び室内でオシッコしなくなりました(かつてのように朝晩二回、散歩のときだけ)。

 これで万事解決かというと、しかしながらそうではありません。再発防止を徹底するためには以後ずっとC/Dという、S/Dよりソフトな維持食を続ける必要があります。これがえらい高カロリーみたいで、一冬食べさせたらラナがめちゃくちゃ太ってしまいました。ということで現在は通常食と混合してあげることにしています。嫁が育休で一時的に関東に来てくれていて、落ち着いた生活が送れているのが大きいと思いますが、現在再発の兆しはありません。

 また、この年は膀胱炎にはとどまらず、背中に腫瘍もできてしまいました。これは以前にも書きましたが、病理検査に出しまして、結果は「毛母腫」というものでした。良性の腫瘍ですが、さっさと切除したほうがいいらしいです。麻酔の要る手術やし、結構費用もかかるし、なかなか踏ん切りがつきませんでしたが、来年3月くらいまでには手術を受けさせる予定です。

 あと、肉球のケガも相変わらず多かった。普通の散歩のときでもようやります。位置は左前足の中心部(掌球)と決まっています。どうやらクセになってるようですね。

081123mitake40.jpg

 出血はかなり多いです。小さい頃は、慌てて動物病院に駆け込んだものですが、今では落ち着いたもので、ラナに舐めさせた後はティッシュで傷口を巻き、テーピングで固定させて終わりです。血が止まればテーピングは外します(てゆうか、放っておくとラナが職人技で勝手に外してしまいます)。

081123mitake41.jpg

 どうにも治りが悪いので、今後何か対策を考えてやる必要がありそうです。

 病気とかケガの話ばかりになってしまいましたが、最後に別の話も。他のわんこはどうか分かりませんが、ウチのラナはやたら救急車のサイレンに反応します。こっちでは家の近くを救急車が通ることが多く、こんなシーンがたまに見られます。




 たぶん、ラナは音痴じゃあないかと…。
 遠吠えするたびに、家族で爆笑してます。

 【追伸】
 誕生日には、SolaさんからBBSに素敵な贈り物をいただきました。ありがとうございました。

ニックネーム ラナ父 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1581799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック