2008年10月25日

54 カヌーの秋、子守りの秋(荒川4)

水位:1.32m(親鼻) 流量:10t?(玉淀ダム流入量) 気温:21℃(寄居) 天気:曇り
区間:栗谷瀬橋〜長瀞キャンプ村
メンバー:Actonさん、Tさん、サスケさん、takeさん、サチさん、ロミさん、すじぽん、G君、後輩1号、IKEDA


 あひるブラザースのメンバーが長瀞に集結するということで、我々も参加させてもらいました。先々週の長良川行きで予算を使い果たしてしまったので、行程は圏央道入間ICから下道です。自宅から現地までの距離は大体100kmくらいなのですが、約2時間半強もかかりました。
 てか、圏央道って便利やけど高すぎですね。帰りは八王子ICまで下道やな…。

 ということで、集合時間より少し遅れてしまいました。すみません…。
 本日集合したメンバーは、Actonさんとそのご友人Tさん、サスケさんにtakeさん、サチさん、ロミさん、すじぽん、G君、そしてIKEDAです。合計11名と2匹です。
 G君以外のあひるBメンバーは結構ご無沙汰です。takeさんとこの黒犬JETも久しぶり。

081025nagatoro24.jpg

 昨日の雨で増水を期待していましたが、思いっきりハズレでした。増えていないどころか渇水気味です。プットインの川原には、前回訪問時にはなかった大きな中洲が出現しています。そういや台風、全然来なかったもんなあ。今年はコンスタントに水量が多い、非常に恵まれた年でしたが、この先秋の深まりと共に雨量には期待できなくなるので何だか寂しい気分です。

 出発は11時頃になりました。10人と2匹が合計9艇の艦隊を成して進んでいきます。そう、今回も私は川太郎の子守でお留守番です。テイクアウトは長瀞キャンプ場。抱いていないと微妙にグズるので、スリングに包み、キャンプ場内の閑静な木立の中を散策して時間をつぶしてました。

 一方、カヌー組は賑やかに楽しんでいたようです。遊船の発着場では、花鳥より始まり、長瀞といえばもはや必須イベント化しつつあるきゅうり漬!
 みなさん、「キュウリ最高ー!」とか花鳥っぽく興奮してたかどうかは不明です。

081025nagatoro48.jpg

 ダッキーは全部で8艇。インフレータブルカヤックのデパートです。日本全国のショップを探しても、ここまで多種多彩のダッキーを目にすることはできないでしょう。
 メジャーどころではAIREのリンクス、ストライク、セビラーのSVX‐100、OURSの旅鴉。そしてマイナーどころではグモテックスのオリノコ、超マイナーどころではNRSのバンディットが3艇あります。なぜか最もマイナーなはずのバンディットがシェアの4割近くを占めています。

081025nagatoro52.jpg

 14時頃になってようやくみなさんキャンプ場に到着。のんびりまったり楽しまれたようですね。お疲れ様でした。とくに日頃外出の機会の少ない嫁は大変喜んでました。楽しい一日をありがとうございました!

 ※写真はActonさんからいただいたものを使用させていただきました。

 
 プットインで解散。あひるBのみなさんはうどん屋へ。ここで嫁と交替し、独りで下るつもりでしたが、三度の飯より川好きなG君は一緒に下りたいということで、二人で二本目スタートしました。

081025nagatoro04.jpg

 プットインからセイゴの瀬までは遊べるウェーブやホールが点在し、かなり楽しめます。一方コタキはウェーブが消失しており遊べませんでした。

081025nagatoro09.jpg

 コタキから先は、かなり飛ばしました。大会前にマジ漕ぎしていた癖が今ひとつ抜けきらず、また敗北の悔しさも相俟って、力の限り漕いでましたが、だんだんと握力が失われていきます。この握力を弱らせず、いかに長時間キープさせるかが今後の課題となるのでしょう。まあ、しばらくはレースのことは考えず、のんびりと下りたいですがね…。

 洗濯機の瀬に到着。ここでしばらく遊びました。
 G君、いつの間にかめちゃ上手くなってます。



 続いて私。掴まりっぱなしで全然回転できません。




 洗濯機に20分ほど揉まれ、命の洗濯を完了し、16時半ごろに上陸。着替えていると薄暗くなってきました。日が暮れるのがすっかり早くなりましたね。

 ところで、クルマのラゲージに搭載するラナ専用クレートをついに購入しました。
 これを選ぶまでも結構頭を悩ませました。まずわんこ用ハウスといえばプラスチック製の檻みたいなケージしか知らず、ソフトクレートというテントっぽい作りの折りたたみ式ケージの存在があると知るまでに時間がかかりました。認知後も大型犬対応サイズのそれを探すのに苦労し、発見後も適切なサイズを選び出すのに骨が折れました。ラナがストレスを感じない程度の広さを持ち、かつ車内スペースを極力取らないという二律背反の要望を同時に満たさなければならなかったからです。

 デザイン、価格とのバランスなど嫁さんと協議して、最終的に選んだサイズは幅585mm×奥行815mm×高さ585mmのものでした。このサイズで、エクストレイルのラゲージの幅をちょうど半分占拠します。奥行はジャストサイズ。高さはまだ少し余裕があります。カタログにはダルメシアンがいて、中型犬用(適応体重20kg)と書いてあり、25kgオーバーのラナにはちょっと心配でしたが、いざ入らせてみると足を伸ばして寝っ転がる程度のスペースがあって安心しました。スレンダー体型で良かったですよ。
 さらには、上部にジッパー式の窓がついていて、そこから顔を出すことも可能です。クレート上に何か載せることも可能でしたが、体力が有り余って落ち着きのない行きしななど、窓からひょいと顔だけ出して車内を眺め回すことも多いので、とりあえず何も置かないでおくことにしました。

 最初は気に入らなかったようで、入るのを嫌がってました。しかし今は慣れてくれたのか、指示すればまったく嫌がる素振りを見せずにちゃんと飛び乗ってくれます。

081025nagatoro13.jpg

 しかし我が家に来て以来、マーチではずっと車内を自由に行き来し、大好きな人間にぴったりくっ付いていられたことを考えると、本音を言えばちょっと後ろめたい。
 しかし、川太郎の存在、ラナ自身の安全を考えるとこれがベストアンサーなんで、やむを得ないことではあります。
 その代わりというか、やがて年老いて引退するその日が来るまで、できるだけ川に連れて行って遊んでやるからな。ごめんね…。


ニックネーム ラナ父 at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー、楽しそうですね。
ところで、「きゅうり」はActonさんに教えてもらったので
私が初じゃないですね。
しかし、きゅうりずっとあるんですね?
あれって夏野菜じゃないんですかね?
まー、きゅうりうまいのは間違いないので
このままずっと「きゅうり」販売してほしいものですね。
Posted by 花鳥 at 2008年10月27日 23:07
楽しかった…、みたいですよ。私は息子とテイクアウトのキャンプ場で待機してましたので聞き知っただけですが。
あと、きゅうりの伝道師はActonさんだったのですね。失礼いたしました。

きゅうりは夏野菜ですが、今は年中食べられます。が、おそらく遊船がオープンしている期間に限定されているものと思います。
年内にもう一回くらい一緒に行きましょうね!
Posted by ラナ父 at 2008年10月28日 23:09
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1536143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック