2008年05月31日

27 第32回リバベン&諏訪峡リベンジ(利根川2)

水位:3.57m(湯原) 流量:46.75t(藤原ダム) 気温:12℃(みなかみ) 天気:雨
区間:水明荘下〜紅葉橋(リバベン)〜銚子橋(DR) メンバー:会長、世界のモリ君


 ◆第32回日本リバーベンチャー選手権大会(リバベン)

 日本リバーベンチャー選手権大会(通称リバベン)は、群馬県みなかみ町を流れる奥利根川にて行われる大学生主体のラフティングの大会です。大会が行われる五月末〜六月初旬の奥利根は、谷川岳の雪代により日本屈指の激流と化しており、例年エキサイティングでスリリングな戦いが繰り広げられています。
 部門は4men(ラフト),2men(ダッキー)に分かれており、レース内容は水明荘下をスタートとし、設定されたスラロームゲートを通過し、紅葉橋をゴールとする複合タイムレース方式(約2.6km)。コースタイムとスラロームゲートのペナルティを合計して総合順位が決定されます。
 また4men部門は上位20チームを上級とし、二日目にJA下〜銚子橋(諏訪峡)のダウンリバーをさらに行い、初日のタイムの1/3を加算して総合順位が確定します。21位以下の中級は初日と同コースでダウンリバー競技が行われます。

 このリバベンには過去三回参戦しています。→3年前の戦績(第29回リバベン)
 が、ダッキー四大会のうち唯一優勝経験がありません。要因としては色々挙げられますが、
 @参加チームが多く、かつ技術レベルが高いため競争が熾烈
 A水量豊富な激流であるためダウンリバー・スラロームの難度が高い
といったところが主だったところでしょう。
 しかし去年は天竜川WWF,長良川WWFで連続優勝を果たし、勢いに乗っています。今年こそ、いけるのではないかという期待があります。

 また、このリバベンは唯一ダブルエントリーが可能な大会であり、2men出場チームには4menクラスを兼ねているケースが多いです。よって普段はラフトメインの強豪チームが出場してきているのもありえるわけで、他の大会では味わえない、よりハイレベルなレースを経験できるかもしれないというのも大きな楽しみです。

 というわけで勇んで出場したわけですが、そんな想いとは裏腹に、実際には三年前の大会出場後一度も水上峡を下る機会を得られず、相方である会長とのタンデムに乗る機会も昨年の天竜川WWF以来皆無、そしてリンクスIIには去年の転勤以来、半年以上一度も乗っていません。
 そして最悪だったのは、大会前日の金曜日に有休が取れなかったため、直前の調整練習までもが皆無となったことでした。
 つまり、半年以上ブランクのある相方とフネとで、三年前に下ったきりの激流を、ぶっつけ本番で迎えることになったわけです。

 唯一優位な点があるとすれば、前回より水量が少なく御しやすいこと(ビッグウォーターは経験が少ないので苦手なのです)。あとできることとして、早起きしてコースを下見し、できるだけ航下ルートを頭にたたきいれるように努めました。

 闘いの火蓋が切って落とされたのは4men(ラフト)から。開始された11時より30分ほど遅れて大鹿橋に到着。この橋の上流にあるスリーウェイズと呼ばれる瀬を舞台にして、全部で5門のゲートが設置されています。

 <難関スラローム>

大きな地図で見る

 奇数門がダウンゲート(緑色)、偶数門がアップゲート(赤色)となります。
 ペナルティは、ダウンゲート不通過の場合は30秒、アップゲート不通過の場合は60秒、バー接触の場合は5秒となります。また、装備を流した場合、一点につき10秒のペナルティが付与されます。

 スラローム後のダウンリバーはコースが幅広く瀞場が皆無で距離が約2.6kmと比較的短いといった特徴があるので、沈さえしなければですが、大きな差はつきにくいのではないかと思います。今日の水量では、せいぜい15〜30秒程度ではないかと推測できます。
 よって勝敗の分かれ目の鍵となるのは、このスラロームだと言えます。出場チームのうちおそらく半数程度は全通過してくるでしょうから、不通過を一つでも出した時点で1位はなくなります。ダウンリバーでのコースミスとは重みが違う。
 ちなみに三年前は1番ゲート手前でフリップし、全ゲート不通過という辛酸を舐めました。レースにおける最重要ポイントにもかかわらず一度も成功体験がないので大いに不安です。

 残された時間は僅かでしたが、少しでもイメージを掴むべくラフトが下る様子を見学しました。



 やがて時間が迫ってきたのでラナを連れて谷川橋の駐車場に戻り、クルマでお留守番するようお願いしました。
 …無言でしたが、ちょっと怒ってました。

 スタート地点でサイストラップをもう一度調整。
 時刻は11時48分を過ぎました。出艇時間まであと2分。順番は1番です。

 時計の針が11時50分を指すと同時にスタート。まだ息の合わないうちに最大の難関を迎えるのは正直ツラいですがしょうがない。
 不安を抱きつつ、最初の瀬スリーウェイズへピールアウト。

 ボートコントロールにイマイチ自信が持てなかったので、動きが取りやすいようにスピードを緩めつつ進入。
 しかしこれが失敗でした。
 勢いが足りず、1番ゲートへ抜けるエディーラインを越え切れません。本流のラインに乗せられ、どんどん左岸に寄せられる。

080531riverven39.jpg

 1番ゲートの左バーがすぐ目の前にあります。アタマがゲート内に入るよう傾けて通過。
 通過できたかどうか、微妙です。

 このことに意識を奪われ、ほんの一瞬だったと思いますが迂闊にも完全な放心状態となりました。
 メインカレント上をぐんと流され、左目の端に3番ゲートが映ったときにはっと我に返り、慌てて右岸のエディーへ。随分と下流へ流されてしまいましたが、諦めずに2番ゲートのアップにかかる。ゲートに届くまでの時間がものすごく長く感じる。15秒は余分にかかったかもしれません。かなり痛いロスです。

 2番ゲート通過後は先程大鹿橋の上から見たラフトのルートを模倣して、行き過ぎちゃうかというくらい上流へ遡りピールアウト、そのまま本流を流れて3番を無難に通過。
 そして4番ゲートの直下を狙って深めにエディーキャッチ。下流に流されることなく狙い通りの位置でターンを決め、ゲートを遡上して本流へピールアウト。
 大鹿橋手前で流れが一気に緩くなるので、5番ゲートは余裕を持ってクリア。

 前半は最悪でしたが、後半は持ち直してスムーズに通過できました。
 しかし、もはや腕がパンパンです。握力も入らない。たぶん会長も同じ状態なのでしょう。大鹿橋直下の複雑な流れに負け、ボートが失速し、バウがふらついてしまいました。ロスは5秒くらいか?

 先が思いやられますが、ここからダウンリバー開始です。


大きな地図で見る

 1番ゲートは微妙でしたが、通過できていたとして、これまでのロス約20秒を何としても取り戻さなければなりません。しかし身体の動きは今ひとつフネに伝わってない感じで、なかなか一体感が出てきません。パドリングは腕だけになりがちで、過剰負荷で筋肉は悲鳴をあげています。昨年のWWFで感じたトップスピードに乗った時のあの何とも言えない感覚がどうしても戻ってこない。何とかせなと焦る反面、苦しさから徐々にアタマが下がり、俯いている時間が長くなってきます。

 集中力が途切れそうになったとき、
 ポアオーバー!
とバウから会長の声。

 前方にホールが迫っています。
 右ー、…次は左ー!
指示して回避。
 声をかけあうのだけは忘れていませんでした。もっと右、左と後ろから声を上げますが、どこまで曲げるなんて具体的な指示はしていません。それでもアタマでイメージしているラインへ、会長のパドルは確実に補正してくれます。息はぴったりです。

 壊れた吊橋(諏訪原橋)を過ぎると、いよいよ水上峡核心部分がやってきます。最初に現れるはユニバーシティ・ラップスロック。左岸にある巨岩の隣に超ビッグストッパーが待ち構えています。

080531riverven27.jpg



 三年前はスピードに乗ったリンクスが見事に停止し捉えられ、あわや縦フリップかという目に遭いました。ここは事前に下見し、各所に点在するウェーブ、ホールに被弾せずに抜けるルートを見つけておいたので、その回避ルートをトレース。違えることなくクリア。

 湯原橋を越えたところで第二の難関ストリッパーズ。
 左岸には、掴まれば身ぐるみ剥がされそうな巨大ストッパーウェーブ。三年前はこのウェーブを避けた直後に中央に広がる巨大ホールを越えられず地味にフリップしました。下見時、湯原橋からは見えなかったのですが、よく覚えていたので左岸のストッパーをかわした後すぐに左岸に寄せて回避。三年前と比べて水量が少なかったのもあって、容易に成功。気持ちいいくらいにばっちり決まりました。難所を無事に乗り越えてテンションも急上昇。

 水上橋直下に控える最後の難関サーファーズも強烈でしたが、周囲に何もないので楽に回避できました。
 ここからラストスパート。前半あれだけヘバっていたのにあと少しとなると不思議と力が漲り、ゴールの紅葉橋まで一直線。F1グランプリのようなチェッカーフラッグが迎えてくれました。
 両の腕は重く、握力はまるで入らず、心臓が破れそうなくらいに胸が苦しい。会長は腕が痙攣して震えていました。

 前半は最悪でどうなることかと危惧していましたが、後半は満足できる内容でした。
 レースの終わったこの瞬間がたまらなく気持ちいい。全身の毛穴から余計なモノが熱気と共に昇華し、シンプルになった気がします。だからかどうかは分かりませんが、勝敗に対するこだわりは不思議と希薄になっていました。

 燃え尽きて灰と化した三十路越えのリーマンパドラー二人は、みなかみ町の方々から振る舞っていただいたすいとんを啜った後、しばらく何もする気が起きませんでした。回送はチャリでしたが、モリ君に行ってもらいました。あの世界のモリに対して恐れ多いことをという思いも霧と化すほどに動けませんでした。

 ◆6年ぶりの諏訪峡

 灰から復活した後は諏訪峡にチャレンジしました。諏訪峡を下るのは6年ぶりとなります。


大きな地図で見る

 6年前、社会人一年生だった私は無謀にも水位4mに近い大増水の諏訪峡をダッキーで下り、竜ヶ瀬で心を粉々に打ち砕かれ、次のフリッパーズで文字通り大フリップをかまし、リカバリー中にショットガンで狙撃されて大量に水を飲み身一つで流され、メガウォッシュで奈落行きのところをすんでのところでラフトに拾われ命拾いしたという経験があります。その後一ヶ月くらいは2級程度の瀬でも身体が強ばるほど、受けた精神的ダメージは大きなものでした。

 それだけに諏訪峡を下るという行為は、私にとって特別な意味を持ちます。はっきり言って怖い。しかし今なら、このメンバーとなら無事下れるかもしれない。トラウマを昇華したいという思いのほうが勝ちました。

 しかし精神的には依然葛藤状態なので勇猛果敢に攻めることはまずできそうにありません。まずは無事下ることを目標とし、ノンフリップで下ることを最優先事項としました。基本戦術はチキンルート選択です。ドラクエで言えば「いのちだいじに」作戦です。装備は「みかわしのふく」です。
 また大事をとってラナはクルマでお留守番してもらいました。
 えー、またー? って顔してます。
 ごめん、後で川原で遊ばしたるから…。

 水紀行館前のザラ瀬を左カーブを描きながら下ると、前方に吊橋(笹笛橋)が登場。橋の手前にある瀬がAKIKOです。でかいストッパーウェーブが一発ありますが、川幅が広いので余裕を持ってひらりとかわせます。

 さらに続くカーブを抜けると天を衝く巨大な諏訪峡大橋が不気味に佇んでいました。この下の「悪魔の階段」には竜が棲んでいます。かつてその牙で私の心を粉々に噛み砕いた「竜ヶ瀬」です。
 早くも正念場です。全身に緊張が走る。

080531riverven61.jpg

 6年前に経験した竜王クラスの爆裂波ストリームに比べれば今日はまだ可愛いものでした。プチドラゴンてところです。

080531riverven55.jpg

 しかし小さくても牙は研ぎ澄まされていて攻撃力は凄まじく、まともに勝負を挑むにはかなりの勇気を必要とします。
 この波状攻撃をかいくぐるためのルートを探すと、@左岸ベタ、A右岸ベタ、B中央の三ルートが見つかりました。このうち最も下りやすそうな@左岸ルートを選択。



 狙い通りのルートを辿れれば楽勝と思っていましたが、いざ下るとラストのビッグウェーブがとんでもなくでデカい。呑み込まれないよう左岸に向けて必死に漕ぎ、無事にかわしきりました。まずは第一関門突破です。

 次に迎えるのは「フリッパーズ」。
 6年前はこの瀬でとどめを刺されました。私にとって竜ヶ瀬と並ぶ恐怖の対象です。

080531riverven47.jpg

 竜ヶ瀬と異なるのは、核心ストッパーの回避が難しいという点。左岸に寄せて回避したいのですが、途中で隠れ岩が邪魔して塞がっているため、この岩を過ぎてから回避行動を取らなければなりません。その間、およそ15m。



 瀬の入口でエディーを取り、深呼吸をして突っ込みました。
 隠れ岩が真横に来た時点で左岸に寄せる。エディーラインが乱れていてワケの分からない流れになっています。あまり深入りしたくない。
 もう大丈夫かな、もうちょい左かなと思った瞬間、ストッパーにヒット!

 ボートが、立ちました。

 眼前にフネのフロアが迫り、左足のサイストラップが外され、上半身が後ろに持っていかれ転げ落ちそうになる。態勢を崩したせいか、身体が萎縮しているせいか分かりませんが、パドルが出ない。
 恐怖と逡巡から来る明らかなスピード不足でした。

 また沈か−。

 観念したところで、左に弾かれ下流へ出ました。
 助かった…。

 ショットガンはひらりとかわす。次は最後の難関「メガウォッシュ」。

080531riverven44.jpg

 世界のモリ君が最初に突っ込む。
 事前に下見した際、左岸に寄せようと話していたのに、なぜかホールで巻き巻きの中央へ漕ぎ進み、案の定しばらく見えなくなりました。数秒後、浮き出てくるのを確認。後で聞くと、竜ヶ瀬以外は話の内容をすべて忘れたそうです。あんた、昨日も下ってるやん…。スケールが違います。さすが世界のモリです。



 会長が無事に下るのを見届けた後、私も続く。フリッパーズで沈しそうになり、逆に気持ちが吹っ切れたのもあって、開き直って思い切り漕げました。スルスルと滑るように抜け、あっけなくクリア。

 やがて諏訪峡区間の終わりを知らせる銚子橋に到着。ここを笑顔で過ぎるという宿願がようやく果たせました。6年は長かったなあ…。

080531riverven67.jpg

 今日はリバベンに諏訪峡と、最大クラスのイベントが一日に二回もあって、何だかもったいない気さえするほどに、最高に充実した一日でした。

080531riverven86.jpg

 不満タラタラのラナを川原で遊ばせた後、上牧で風和の湯に浸かり、 件の「田むら」で遅めの昼食後、明日仕事のモリ君と会長コンビとはお別れ。リバベンの結果を知るために独りノルンへ向かう。

 ◆第32回リバベン結果発表

 到着したときにはすでに辺りは暗くなっていました。
 雨でぬかるんだ広大な草地に不釣り合いに豪華なステージが設けられています。たちこめる白い霧が舞台を演出するスモークのように見えます。
 冷たい雨がしとしとと断続的に降り続け、肌寒い。吐く息が照明に照らされ白く浮かんでいます。

 カッパを着た酔っ払いたちで賑わう会場の片隅で独り傘を差し、発表を待つ。
 大会オフィシャルによるナイトステージがようやく始まりました。

080531riverven77.jpg

 なぜか漫才から始まり、熱狂が最高潮に達したところでいよいよ結果発表が始まりました。途中で待ちくたびれて車内でラナと寝転がっていたところに鳥大のUNKO-MAN(今回Damsで出場)に声をかけられて再び会場へ。同じ鳥大のNの君(ガロピーヨ)とも一緒に並んでスクリーンを食い入るように見つめました。
 順位→チーム名(写真付)の順番で19位から映し出されました。

080531riverven69.jpg

 ダブルブレード部門での出場は我々のみで、残りの18チームはすべてシングルブレード部門でしたが、順位は総合で出してくれるみたいです。

 固唾を飲んで待つ。
 順位がシングルになったあたりからドキドキが増してきました。下り終わった瞬間は順位なんてどうでもよくなっていましたが、時間が経つとやっぱり気になってきますね。

 発表はベスト5に入りました。
 4位が同タイムで2チーム。鳥大ガロピーヨが入りました。
 いよいよベスト3。
 ウチとUNKO-MANのDamsと、あと鳥大と並ぶ強豪、岡大が残っています。

 思えば今から11年前の97年、会長たちとラフトで初出場したときは橋にも棒にもかからぬ成績でした。そのことを考えれば、4menと2menという部門の違いはあれど、あのときの二人が現在こうしてベスト3の発表を待つ立場にあるというのに感慨深いものがあります。

 3位は、鳥大Damsでした。残りはウチと、岡大です。

 続く2位に呼ばれたチームは…、岡大でした。

 この瞬間、1位が確定しました。やった…!

 事前にろくに練習できずぶっつけ本番で臨みスラは微妙、さらにスタミナ不足で序盤からバテバテと内容はまるで褒められたものではなかったですが、11年の歳月を経て四度めの挑戦にしてようやく得られた頂点です。なんと長かったことか。ゲームオーバーを選ばず、しぶとくコンティニューし続けた甲斐がありました。

 結びにかえて。
 まず第32回リバベンオフィシャルの方々、大会の運営ありがとうございました。おかげでレースに全力投球でき、最高に充実した一日を送ることができました。

 そして相方の会長。初出場時は1位を取るなんて夢のまた夢でした。ダッキー四大会最後の難関を突破し、栄冠を勝ち得たのは他ならぬ会長のおかげです。

 そして、奥様のご理解と協力がなければそもそも大会に出場できず、今回の結果もありませんでした。ありがとうございました。
 この頃を借りて御礼申し上げます。

 <2men(ダッキー)の部 リザルト>
080531riverven79.gif

<4men(ラフト)予選 リザルト>上位10チーム
順位 チーム名 団体名 合計タイム
op テイケイ ラフティングチーム・テイケイ 720
1 洗ってないマラカス 岡山大学 探検部 796
2 五十嵐コンバイン 新潟大学探検部 797
2 テトラ 岡山大学 探検部 797
4 アクアコング アコンカグア 799
5 セクシーラフティング外伝 すごいよ!! トモコさん 鳥取大学探検部 811
6 たくやとトレンディボーイズ 鳥取大学探検部 812
7 ミルクペイン 神奈川大学アドベンチャークラブ 823
8 じぶんワールド 拓殖大学探検部 834
9 nont-dell 新潟大学探検部 835
10 あけぼのたれぞう あけぼの塾 847

 <4men(ラフト)上級の部 リザルト>上位10チーム
順位 チーム名 団体名 合計タイム
1 洗ってないマラカス 岡山大学 探検部 1105.3
2 五十嵐コンバイン 新潟大学探検部 1108.7
3 nont-dell 新潟大学探検部 1112.3
4 テトラ 岡山大学 探検部 1117.7
5 アクアコング アコンカグア 1124.3
6 たくやとトレンディボーイズ 鳥取大学探検部 1126.7
7 ミルクペイン 神奈川大学アドベンチャークラブ 1140.3
8 セクシーラフティング外伝 すごいよ!! トモコさん 鳥取大学探検部 1147.3
9 あけぼのたれぞう あけぼの塾 1150.3
10 モッチリーズ 岡山大学・鳥取大学 探検部OB 1159.7

 3位の新潟大学探検部は、スラのペナルティで3位に沈んだものの、他の上位チームがすべて現在のスタンダード艇コロラド(グモテックス)で出場する中、唯一ピューマ(AIRE)で、航下タイムだけ見ればぶっちぎり1位というのに驚きました。

<4men(ラフト)中級の部 リザルト>上位10チーム
順位 チーム名 団体名 合計タイム
1 万景峰号(マンギョンボン号) アコンカグア 1042.0
2 miかけは二酸化炭so 弘前大学探検部 1061.0
3 迫力ある食事が楽しめるマサリン2008プレミアム 相模レスラーズ 1069.3
4 Wickey Wouse 岡山大学 探検部 1087.0
5 明日天気になれ 一橋大学ストローム会 1100.3
6 食卓大学 拓殖大学探検部 1127.7
7 タイタニック処女航海 上智大学探検部 1132.7
7 五十嵐ツンデレン 新潟大学探検部 1132.7
9 川バカ達の激漕祭 30回オフィシャル 1133.0
10 ガチモッコリ 静岡大学探検部 1143.0
11 Douglas.R 群大カヌー部 1145.7

【関東>利根川(水上)の最新記事】
ニックネーム ラナ父 at 10:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます。
諏訪橋も凄いですね。ぜひご一緒したかったです。
Posted by G at 2008年06月02日 21:38
え?もしかしてラナ父さん、優勝ですか!まぢッスか!
☆★コングラッチェ☆>w(^0^)w<・:*。・:*:・゚'☆♪

上位3チームは激戦だったようですね。
レポートのアップが楽しみです。

まずはゆっくり休んで疲れをとって下さい。
本当におめでとうございます。
Posted by ソラボス at 2008年06月02日 22:24
優勝おめでとうございます!
お二人なら当然と言えば当然の結果ですね。

しかし諏訪峡 すごそうですねえ。
私は渇水時の時に無理矢理下らされましたが(アッキーに)..

ダッキーならず○ンキホーテで購入したゴムボートでしたから、それはそれでかなり怖かったですわ。

しかも豊永の瀬でやられた直後でしたから、
恐怖は倍増でした。
全く恐ろしい名前の瀬ばかりですね。

ではレポート楽しみにしてます。
Posted by tomo at 2008年06月02日 22:39
G君こんばんは。

ありがとうございます。諏訪峡最高でしたよ。かなり怖かったけど…。今度は紅葉峡にもチャレンジしたいので、ぜひ一緒に行きましょう。

仕事がんばれ〜。
Posted by ラナ父 at 2008年06月02日 23:27
ソラボスさん、どうもありがとうございます。

先にコメントに書いちゃいますが、翌日行われた表彰ではシングル部門とダブル部門が別だったらしいです。最終的に総合という形での記録は残らないのかもしれません。
まあ、記録には残らなくても、リバベン出場して12年、ようやくここまで辿り着いたという記憶に残る大会だったという点では非常に有意義でした。

ちなみに日曜日はゆっくり寝たはずですが、今朝もあんまり疲れが取れてなくて、仕事はあまりはかどりませんでした…。今日もゆっくり休みます。
Posted by ラナ父 at 2008年06月02日 23:37
tomoさん、どうもありがとうございます。
レポートがんばりますわ。

久々に昔の利根川の記事読ませてもらいましたよ(ついでに大歩危とか手取川とか有田川も読みました)。
ドン○のボートで、しかもギアもろくにない状態で諏訪峡下りきったって、アッキーはやっぱり偉人ですね。

NKCのメンバーが聞いたら烈火のごとく怒りそうですが…。
Posted by ラナ父 at 2008年06月02日 23:51
お疲れさまでした!!
いやぁダブルは早いですね!
スラもコースもノーミス(法政岩でサーフしましたが)
でしたけどこれだけタイム差が出ると惨敗です…
また来年もDansで出るのでリベンジしにいきます!!
それでは長良楽しみにまってますね
Posted by UNKO-MAN at 2008年06月05日 15:15
先日はお疲れ様でした。
あと表彰式では何かとありがとう。

ダブルブレードは、三十路を過ぎたリーマンパドラーに対するせめてものハンデと思ってください。
今回は何とか勝ちましたが、年々差が縮んでいるのを見てると、来年はいよいよ敗北かもしれませんね。

そうならないようこちらも頑張ります。
てゆうか、そもそも今後大会に出れるか分かりませんが…。
Posted by ラナ父 at 2008年06月05日 23:00
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1398859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック