2008年09月28日

48 秋川中山峡を下る(秋川2)

水位:1.01m(秋留橋) -0.84m(東秋留橋) 気温:15℃(青梅) 天気:曇り
区間:和田橋〜乙津橋(2.7km) メンバー:花鳥、G君


 9月最後の週末は多摩川支流の秋川へ。
 自身の都合、メンバーの都合(高スキルのメンバー1人以上の同行が必要)、そして水量(普段水量不足で下れない)の三拍子が揃わないと下れないという、なかなかにプレミアム度の高いダウンリバーを実現できました。

 ◆秋川・中山峡コース川地図


大きな地図で見る

 今週はなぜか水量の減りが鈍く、何とか持ちこたえてくれたので予定通り秋川で決行。狙うは先週下る予定だった中山峡です。
 G君が午後から出勤のため、10時までに終了する必要がありました。よって現地集合は7時の予定。はやっ!

 自宅を出たのは5時。最近日の出がすっかり遅くなり、まだ外は真っ暗でしかもやたら寒い。しかし早朝だけあって渋滞は皆無で1時間もかからないうちに武蔵五日市駅に到着。近くの公園で夜を明かしたG君を拾い、和田橋へ。
 予定より早く花鳥がやって来たこともあり、出艇は7時半。
300mほど漕いだところで核心部中山の滝です。右岸に乗り上げて下見開始。

080927akigawa09.jpg

 ◆核心部・中山の滝

 中山の滝へ下りる道には、以下のように書かれた看板があります。

 「檜原村内の豊富な水が滝口六メートルの幅に狭まってごうごうと流れ込むこの滝は、両側を囲む岩肌の上から眺めると、小さいながら迫力のある男性的な景観が楽しめます。
 「風土記」にも「鮎跳滝」として登場し、遡上する鮎やヤマメをすくって捕っていたと記されています。」


 <壱の滝>

 この中山の滝は実は三部作で、ここは正確には壱の滝というらしい。また、「アメリカ淵」の名前でも知られています。

 出だしということもあり、レスキュー態勢を取った上で、G君、花鳥、私の順で下りました。ラナは念のため陸路をポーテージ。
 滝への入り口はかなり狭い。加速をつけようとするとパドルが岸壁に当たり、まともに入れられません。向きを整えているうちに落ちてしまい、感触はイマイチでしたが、リンクスの浮力のおかげで余裕でクリア。



 <弐の滝>

 次は弐の滝。ここから先は車道から見えない区間に入るので、都度上陸して下見しながら下っていくことになります。

080927akigawa11.jpg

 下見の結果、落差は1mもなく、また流れも素直なのでレスキュー態勢不要で一気に下りました。
 花鳥はなぜだか宙を舞っていました。



 参の滝はまだ見えません。このあたりから川の流れはいよいよ細くなり、岩壁を穿つようにして渓谷を刻んでいます。うーん、最高の眺め。

080927akigawa13.jpg

 弐の滝の下にはプレイスポットがありました。キレイなウェーブでしたが、落差がもう一つでカヤックでは残りにくいみたいです。

080927akigawa16.jpg

 <参の滝>

 スポットから先はゴルジュ帯。右に大きくカーブした先についに参の滝登場。下見の結果、ここも険悪ではないので一気に下りました。




 この先、川の流れは檜原街道を外れ、大きく蛇行しています。定説では核心部が現れてもおかしくない場所ですが、ゴルジュは後退して川幅が広がり、インコースには小さな川原ができていました。静寂に包まれ、早朝の秋風の冷たさとあいまって、あたかも時が止まっているかのような感覚に襲われました。

080927akigawa20.jpg

 紀伊半島の大塔川を下ったときのことがふと思い浮かぶ。ここは日本の首都たる東京都内なのに、どうしてイメージが重なるんでしょう。すごいわ、東京都。

 その後も優しく穏やかな流れは続き、テイクアウト地点に到着。時刻は9時。所要時間は約90分でした。
 難度は桂川のロワー部とそれほど変わらないという印象です。ただ水質が、下水混じりの桂川とは違いました。丹波川といい、日原川といい、多摩川水系の上流部は水質が良い川が多いですね。しかも特筆すべきは、上流域に多い砂防ダムが見られず、下る区間を好みに合わせて比較的自由に設定できる点。多摩川といえば首都圏を流れる河川の代表的存在ですが、これだけの好条件を備えた水系は全国的に見ても意外と少ないのではと思います。自宅から1時間くらいで遊びに来れるし、ひょっとしたら大阪におった時よりもええ環境なんかもしれません。

080927akigawa29.jpg

 結局、瀬のまとまった区間は中山の滝だけで、残りは癒し系だったため若干肩すかしを食った感もありましたが、数少ない下るチャンスをものにできたという満足感で気持ちは満たされました。
 片付け終わったのが9時半。少し時間が余ったので、上流部の橘峡に行ってみることに。怖いので下見だけです。

 ◆橘峡核心部・吉祥寺滝

080927akigawa35.jpg




 うう、行けないことはなさそうですが…。
 一度コースを誤ると怖い。右岸はアンダーカットやし…。
 しかしレスキューが万全なら、ぜひチャレンジしてみたい。瀬の最後に一人、真ん中に二人くらい。
 誰かここを下りたいという酔狂な人はいないものですかね…。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 14:41| Comment(6) | TrackBack(1) | 関東>秋川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

47 寸止め(多摩川13)

水位:-2.31m(調布橋) 気温:22℃(青梅) 天気:曇りのち雨
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:G君


 台風一過。8月末の大雨ほどではありませんが、静岡、山梨を中心に軒並み増水しており、よりどりみどりの大チャンス到来です。しかしまだ生まれて間もない子の父親としては、できるだけ家族の傍にいてやりたい。ということで、さっさと下れてさっさと帰れる御嶽でも漕ごうかなと考え、とりあえずG君に声をかけてみましたが、思ってもみない回答が帰ってきました。

 「あの〜、秋川なんてどうですかね?」

 秋川ね…。水あんのかな? いまいち懐疑的な私。
 しかし彼のたっての希望もあり、結局は秋川に向かうことにしました。
 車窓から吹き込んでくる風は湿気を帯びていましたが、秋の訪れを感じさせる冷たさがありました。そして空には暗くて重い鉛色の雲が広がっています。G君と漕ぐときはなぜだかかなりの高確率で雨が降ります。すかっとした秋晴れなんて最初から期待はしていません。想定の範囲内です。

 秋川は、水量が足りないだろうというのと、まだ釣竿が入っているだろうというのでイマイチ乗り気ではありませんでした。しかし考えてみれば、ダメなら御嶽に行けばいいだけのことで、30分くらいロスするだけで済むのです。
 和田向橋に到着。今回の狙いは橘橋から乙津堰堤までのアッパー区間です。この区間の核心部は「中山の滝」。

 前回大増水時は3mくらいの落ち込みに見えましたが、今回は1m強といったところ。

080921mitake02.jpg

 そして、下るに充分な水量があります!



 中山の滝は、細かくは壱の滝、弐の滝、参の滝と分かれる三部作らしい。車道から見た限り、弐の滝とおぼしき落ち込みは見えますが、参の滝までは確認できません。

080921mitake04.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 19:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

【番外編】リンクス修理

 愛艇リンクスII.
 このアクア色のダッキーを購入したのは1997年でしたから、かれこれ11年が経ってます。出撃回数はおよそ400回くらいやないかと思います。私のカヌーライフの歩みそのものといっても過言ではありません。
 しかしその間、シートの破損、バルブの劣化、インナーチューブのパンク、アウターチューブの裂傷などあちこちが痛んでしまい、すでに満身創痍です。とくにアウターは船底に2mを越える傷跡が残っており、定期的に接着剤でメンテしてやる必要があります。

 そして、先々週の天竜川の戦いでまたさらに傷ついてしまいました。今度はアウターチューブのジッパー縫製部の糸が経年劣化により切れてしまい、バースト一歩手前になってしまったのです。
 長い間本当にありがとう。もういいんだよ、お休み…と言ってやりたい気もしますが、正直な気持ちを言えばもっともっと頑張ってもらって、できるだけ行動を共にしたい。ということで、ほつれた部分を手縫いで補強することにしました。

080920repair20.jpg

 マンションの自転車置き場に広げて作業開始。ラナは川に連れてってもらえると思っていたらしいですが、騙されたと知り不機嫌です。

080920repair21.jpg

 生地がすごい厚いので糸を通すのに手を焼きましたが、2時間ほどかかってようやく終了。エア注入してテストしましたが、大丈夫そうです。これで、来月の長良川WWFも共に戦えるかな…。

080920repair27.jpg


ニックネーム ラナ父 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

46 河童の棲む川(小貝川1◆75)

水位:0.88m(黒子) 気温:25℃(下妻) 天気:曇り
区間:黒子橋〜祝橋(7.9km) メンバー:ソロ


 出産から1ヶ月が過ぎ、妻が川太郎とようやく関東にやってきました。昨年の転勤以来ずっと単身赴任で、もはや一緒に住んでる期間より別居期間のほうが長くなってしまいましたが、ようやく家族が一緒になって生活することができそうです。
 これに伴い、クルマ買い換えの必要が生じてきました。家族四人とカヌー道具一式を載せるには今のマーチでは少し手狭な上、度重なる川下りで砂と毛にまみれているため赤子を乗せるには衛生的でないためです。

 乗りたいクルマを色々調べた結果、とりあえず千葉県の柏と幕張のクルマ屋さんに話をしに行くことにしました。
 しかし柏? 幕張? どこやねん。土地カンないのでさっぱり位置関係が分かりません。千葉って高校の卒業旅行でTDL行って以来10年以上足を踏み入れてないし。
 地図で確認したところ、柏は北部で花鳥の棲む茨城に近く、幕張は東京湾沿いでした。先に柏に行くことになっていたので、その周辺の川を下れればええなということで、早めに出発。

 このあたりは広大な田園が広がる平野部で、渓谷は皆無。流れる川には利根川、鬼怒川、小貝川などがありますが、このうち「のんびりとデイツーリングするのにうってつけの穴場ゲレンデ」(『カヌーで旅する本』),「のんびりと田園風景を楽しむ川」(『日本の川地図101』)として紹介されていた小貝川に行ってみることにしました。

 小貝川は、栃木県那須烏山市大赤根の小貝ヶ池を水源とし、五行川、大谷川などを合わせ、茨城県利根町において利根川へ合流する利根川水系の一級河川です(流路延長112km,流域面積1,043km²)。流域のほとんどが田園地帯であるのが特徴です。古くは子飼川、蚕養川とも呼ばれていましたが、流域に貝塚が多く、現在の名になったようです。

 区間は、黒子橋から祝橋までの約8kmにしました。黒子橋から小貝大橋までの区間は「のどかな風景 河童が出そう」(『日本の川地図101』)と記載があり、小貝川でもっともおいしい区間ちゃうかと予想したからです。

 でもちょっと距離取りすぎたかな…。今日は回送が徒歩なんで。


大きな地図で見る

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 関東>小貝川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

45 第12回天竜川WWF/ダウンリバー(天竜川2)

水位:-0.38m(市田) -4.34m(時又) 2.46m(天竜峡) 気温:26℃(飯田)
天気:晴れ 区間:台城橋〜かわらんBAY(19.2km)
メンバー:会長、tomoさん&AZMAX,花鳥&コニー


 本日はダウンリバーの日。もはや定型化してしまった約20kmというハーフマラソンばりの超ロングコースです。
 しかし昨晩、チュパの吸血ダンスに冒されてしまい貧血気味。相方の会長に至ってはKOされてしまいました。

080907twwf01.jpg

 お腹がグルグル鳴っていってますが、トイレがないので結局我慢。お腹に爆弾を抱えたまま出艇を迎えることとなりました。途中で誤爆したらどないしよう…。三十路を越してUNKO-MANと呼ばれるのはマジ勘弁です。

 出艇順は、上位順に2分間隔で2チームずつ、となります。つまりしょっぱなで、しかもあのバフーンと一緒ということになります。
 スタートからアタマの取り合いで熾烈な争いが起こることは必至。このコンディションでいきなりフルスロットルは正直キツイ…。最初は後ろに付いて、中盤以降に勝負をかけようという作戦を立てたのですが、いざスタートすると結局ガチンコ勝負になってしまいました。ああ、爆弾が…。

080907twwf36.jpg

 最初に後ろに付きたかったのは、体力的な理由もありましたが、ダウンリバーコースをよく知らないという理由もありました。しかし、最初の瀬で向こうがルートミスを犯し、図らずもこちらが先頭に。こうなればしゃあない。作戦変更で先行逃切りでいくことにしました。

 序盤は抜かれてもいいと、決して無理はせずロウペースで下っていましたが、バフーンとの距離は徐々に開いていきます。いい兆候です。

 最初の大きな分岐は阿島橋。大会会場上流の橋です。ここは水量がより多く、本流と思しき左岸ルートを選択しましたが、後ろを振り返ってもバフーンは見えない。多分右ルート選択でしょう。選択肢によっては大きな差が出るときがあるので、コースを熟知していない人間にとっては大きな賭けとなります。

 阿島橋を過ぎると、いくつかに分かれていた流れは再び一本にまとまり始めます。最初に合流した流れを振り返ると、バウに座るあの肉じゅばん君が力強いパドリングで肉薄してきているのが見えました。

 しまった、賭けに負けたか…。思わず、あの名言が口をついて出ました。
 『ゲッ… 肉じゅばん!』(ブロッケンJr.)

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:27| Comment(5) | TrackBack(1) | 甲信越>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

44 第12回天竜川WWF/ファンスラローム(天竜川1)

水位:-0.44m(市田) -4.43m(時又) 2.36m(天竜峡) 気温:30℃(飯田)
天気:晴れ 区間:阿島橋〜かわらんBAY(10.8km)
メンバー:会長、tomoさん&AZMAX,花鳥&コニー


『タッグマッチは1たす1がチームワークによって3にも4にもなる。しかしチームワークが乱れてしまっては2にもならなくなってしまうものだ』(キン肉マングレート)

 9月に入り、再び熱き戦いの日がやってきました。夢の超人タッグトーナメント、じゃなかった、天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(TWWF)です。

 私と会長は今年も「シャレコウベ」として参戦。第一子川太郎が誕生したばかりで、はっきり言って出場してる場合ではないのですが、快く許可してくれた奥様には感謝してもしたりないくらいです。

 仲間うちでは長良川カヤッククラブ(NKC)から2チームが参戦しました。

 「MAXブラザーズ」…ダッキーとカヤック両方をこなすハイブリッドチーム。NKC内最高の身体能力を誇る。今回は影の最速艇アキレス・改にて参戦。
 「チュパカブラ」南米の吸血UMAの名を冠した血吸い虫チーム。昨年の北山大会の覇者花鳥とNKC会長の片腕コニーというNKCの両翼のドリームチーム。

 どうやら敵は身内にあり、です。

 昨年の長良川WWFでチームメイトとして共に戦ったUNKO-MANは、「BA/・HOOOON!!」(バフーン:“UNKO-MAN”が却下されたため変更したらしい)で甲南の探検部員と組んで参戦していました。

 昨日の友は今日の敵、です。

 甲南の探検部って誰? 早朝に出会った際に本人に聞いたところ、なんとプロチームテイケイのテスト生でした。そんな逸材を発掘していたとは…。UNKO-MANがバラクーダに見えてきました。甲南の彼は、UNKO-MANをふた周りくらいごつくしたような感じで、肉襦袢と見紛うような筋肉の盛り上がり。
 にわかに最強の敵出現です。ボスキャラ時間超人の「世界五大厄」ばりに凶悪です。

 今年のTWWFは全体で65チームが参加。ダッキー部門は17チームでした。例年とは逆日程となり、初日がファンスラロームになっています。
 ファンスラの内容は開会式後になって初めて発表されました。

080906twwf01a.jpg

 およそ例年通りですが、Hロープワークはクローブヒッチ、もやい結び、ディレクショナルフィギュアエイト、ダブルフィッシャーマンズノットの4種のうち何が出題されるか分からないというふうに変わり、難度が上がっています。

 ファンスラのスタートは恒例のロープ投げから。ゼッケン1番のアズマックス(MAXブラザーズ)が大会最初の投手です。

080906twwf07.jpg

 結果は…、残念ながらハズレでした。バフーンも含め、我々より先行の7チーム全てが外してました。椅子の幅くらいの的ですが、成功率はかなり低いです。実は最大の難関かもしれません。

 MAXブラザーズの船出です。マックスはサイストラップの装着に時間を取られてまだ漕いでません。チームワークを求められる場面はこの先いくらでも出てきます。その時々に、冒頭の言葉のように、お互いを補完しあい、個別の実力以上の力を発揮できるかどうかが勝利への鍵かと思います。

080906twwf09.jpg

 さて8番め、いよいよ我々の順番を迎えました。投手は例年通り会長です。過去の戦績は1勝2敗。勝率は.333です。
 会長の解き放ったロープは松山くんのイーグルショットばりに大地を這うように的に向かって一直線。しかし直前で失速してワンバウンド。
 微妙でしたが、審判の下した判定は…、右手にマルの形。

 やったー! さすが会長!
 このロープ投げのペナルティは確か50秒なので、成功のアドバンテージはかなり大きい。テンションは一気に最高潮。最高の出だしでした。

 弁天橋に至ると、右岸のエディーに橋上流部からロープが3本ぶら下がっています。すでに先行の2チームが挑戦中で、選択の余地なく一番左側のロープへ。去年は私が登りましたが、今年は会長が担当しました。今の今まで気付きませんでしたが、この人が履いてんの、CROCSのサンダルですやん…。踏ん張りきくんかいなと心配でしたが、蓋を開けてみれば、最後に登り始めて一番にクリアでした。お見事です。

 Bはアップゲート。接触を恐れて迂回気味になり、動きとしてはイマイチながらも無難にクリア。
 Cフリップはパスして、Dは船上ロープ投げ。@のロープ投げほどではないですがリスク(変動要素)が大きく、なかなかの難関です。すぐ前を漕ぐチームは流鏑馬(やぶさめ)のごとく瀬を下りながら投擲していましたが、まず当たらんでしょう。ここは20秒ほどロスしてでもエディーに入っていったん着岸し、足元を完全に固定してから投げたほうがリスクをヘッジできると判断しました。投手はまたまた会長です。的までは4mくらいの距離でしたかね。確実に当てられるとはいえない微妙な距離でしたが、これも見事に命中。会長、獅子奮迅の大活躍です。

 続くE,Fは水神橋の上下流にぶら下げられたバケツをパドルで叩くというもの。流水に設置されていると厄介だと思い、スピードを殺して慎重に接近すると、どちらもエディー内でした。結果的には楽勝で突破。

 次はG岩バウタッチ。左岸から回りこんで岩の下流側にバウを当てるという、変則アップゲートです。これもほぼ静水での作業ですので楽勝でしたが、右岸から回りこんで不通過扱いとなり、120秒のペナルティを食らったチームもいました。競技説明はよく聞いておきましょうね…。

 ラストHロープワークは鵞流峡内にあります。今年は私が担当です。何が出題されるか不明なので、南原橋を過ぎてからというもの、頭の中はロープが複雑に絡みあって蠢いてます。結び方を覚えているつもりでも、不思議なことに突然できなくなったりするので一抹の不安を抱えながら岩を攀じ登る。

 岩の上でスタッフが輪っかになったロープを差し出してきました。
 「じゃあ、この結び目を言ってください」

 うーん、完全に裏をかかれた…。まさか結び方を聞いてくるとは思いもよらなんだ。予想外の問題に5秒くらい答えに窮しましたが、何とか浮かび、無事合格。通行手形を受け取り、あとはゴール目指して一直線。

 遊船と重なることなく、また足攣り、バーストなどトラブルに見舞われることもなく、目標通り平穏無事に下りきることができました。結局追い抜いたのは全部で4艇。その他3艇、MAXブラザーズ、TEAM HERO×2(高森カヌークラブ),バフーンに至っては影を掴むことさえできませんでした。
 また、しばらくして自称優勝候補のチュパカブラが下ってきました。




 たぶんこのあたりと上位争いをすることになるんでしょうなあ。しかしノーミスでのオールクリアはどうもうちらだけっぽいので、結果は期待できそうです。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 甲信越>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする