2008年06月29日

32 梅雨の日原渓谷(日原川3)

水位:?m(測定不可)〔参考:-2.26m(調布橋)〕 気温:19℃(小河内) 天気:雨
累加雨量:15mm(日原) 区間:平沢橋〜氷川国際ます釣場手前(約2.5km) 所要時間:約100分
メンバー:元王子、G君

 日原観測所の雨量は、今朝5時以降1mmの値が続いています。
 また雨かあ…。これで二週末連続です。晴れ男の花鳥が一緒なのに連続で雨に降られるというのは相当珍しい。彼の神通力もついに失われたのでしょうか。
 しかし先週と異なるのは天気予報が弱雨(時間雨量1.6mm程度)だったので、うまくいけば先週諦めた日原川を下れそうです。
 奥多摩駅に着いた8時半頃には、小雨とは言い難いが本降りまでいかない微妙な状況で、8時には4mmという記録をマークしてました。このまま雨足が強まるとまずい。

 予定通り下るかどうか、花鳥と相談。G君は見た目によらずタカ派なので放っておいて良しなのですが、慎重派の花鳥に納得してもらう必要があります。

 「ほら、予報5mmってなってるじゃないですか! 危ないですよ」
 花鳥の天気予報は月に100円払っているモノらしい。
 私の情報源は無料(Yahoo!天気情報)なので、何となく信憑性に劣る感じがします。
 「いや、日原観測所見たら9時で3mmに減ってるし、大丈夫やで」

 「これ、絶対増水してますよ。流れめっちゃ速いですやん。ヤバいですよ!」
 平沢橋から眺めたこの日の日原川は、確かにおどろおどろしい轟音を立てて流れています。思わず慄然としましたが、
 「いや、いうても二週間前とそんな変わってへんて。ほら、別に濁ってへんし…」
 なんて嘯き、最終的に合意を得ました(川地図はこちらから)。

 スタートは、10時20分頃。10時の雨量は2mmとさらに下がっています。累加雨量は12mm.
 あたりは霧がかっていて薄暗く、肌寒い。川は軽く笹濁りが入っており、これまた心の内を映し出したかのように暗い色をしています。
 水量は前回より若干多いように感じました。ウェーブ、ホールのパワー、そして流れるスピードが確実にアップしているように感じたからです。しかし帰宅後に写真で比べると、大して変わりなかったようです。

 これが本日。プットインの平沢橋から上流を眺めた写真です。

080629nippara08.jpg

 これが前回(6/8)の写真。気持ち少ないようにも見えますが、大きな違いは感じられません。

080608nippara008.jpg

 最初の核心部は相変わらずログが入ったままなのでポーテージ。残念。やっぱりノコギリ欲しいなあ。

 再びフネに乗りこんで再出発。今回はこれより先、核心部などいくつかの要注意ポイントを除き上陸なしで下ることにしました。流速がかなり強く、周囲の景色が目まぐるしくスクロールしていきます。三週間前の記憶が唯一にして最大の武器ですが、うーん、次はどんなんやったかなあと思い出す前にもう障害物が目の前にあるといった感じ。時には通り抜けながら、または通り抜けてから思い出すといった塩梅で、記憶の掘り起こしが追い付かないこともありました。
 こまめに区切り、下見してルート設定した後に下った前回を定期テストに例えるなら、今回は実力テストに近い。

 さて、そんな奔流に翻弄されながら最初のポイントに到着。ゴルジュの入口です。前回竿が入っていてポーテージしたので今回が初挑戦となります。高低差は大ですが幸い勾配は緩く、右岸寄りを下ればルートは比較的容易に感じます。まずは私からチャレンジ。



 流れが右岸に当たっていて、途中フネを右岸に当ててバランス崩しつつもクリア。その後G君、花鳥が続きましたが花鳥はひっくり返ってました。流れはあまり素直ではないですね。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 16:21| Comment(2) | TrackBack(1) | 関東>日原川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

31 初めての増水御嶽(多摩川7)

水位:-2.33m(調布橋) 気温:22℃(青梅) 天気:雨
区間:御嶽苑地(放水口)〜二俣尾 メンバー:花鳥、G君


 5時半に起床して、アメダスと河川水位をチェック。
 昨日からの雨で長瀞や神流川がかなり増えているのに対し、相模川水系はほとんど増えていません。地域によって結構ムラがあるみたいです。

 今日は花鳥とG君と御嶽苑に9時集合の予定です。できればまた日原川を下りたいなあと考えていましたが、あいにくと水量、天気が微妙です。
 日原の降水は大したことなく、丹波川は累積雨量15mm程度でした。おそらく上流域は増えていませんが、小河内ダム下流は調布橋で-2.33mとなぜだか結構増えています(プラス20cm以上)。大雨を想定して放水を多目にしてんでしょうか?
 天気予報を確認すると、午前中は小雨、午後から強雨らしいです。1時間10mm以上降るみたいです。今週の天気予報は外れまくりで、まるで信用が置けませんが、かといって無視することもできません。独力でも天気読めればと思うのですが、すぐ忘れて今に至っています。
 日原川を下見して、前回より水量少ないけど何とか下れそうだなあと思いつつも、結局断念することにしました。こんな途中エスケイプ不可の渓谷部で水量急増でもしたら怖いですからね。

 ということで、コースは御嶽となりました。ここなら、ある程度なら水量増えても問題なさそうなので。(渇水時ばかりとはいえ)慣れ親しんでいること、危険なストレーナーがないこと(ゼロではないと思いますが)、川沿いに遊歩道があるのでいつでも上陸できること。理由を挙げればこんな感じです。
 もともと御嶽を下りたかった花鳥は、三度目の訪問でようやく念願叶って嬉しそうです。

 御嶽の鮎釣り解禁は先週末の15日。この地はカヌーのメッカでもあると同時に鮎釣りのメッカでもあります。釣り竿の多さが懸念されましたが、思ってたよりも随分と少ない。放水口より上流は下れたものではありませんでしたが、下流は水量豊富なおかげで回避が容易でした。また、もともと増水してたのと、本降りになってきたのもあったと思いますが、下流になるほど数が少なかったです。ほとんどいないに等しい。

 ところで、増水した御嶽は何気に初めてです。そこそこパワーがあって迫力があります。ただ、視界が全然ききません。水面にガスが漂っていて、100m圏内に入ってようやくカヤックや釣り人のシルエットがぼんやりと浮かんでくるような状態です。川幅の広い箇所では幽霊船が出てきても違和感ないような雰囲気でした。霧の中から瀬の音だけが不気味に響いてくるので、これがもし初めてだったり慣れない川だったらとんでもなく恐怖を感じたことでしょう。

080622tamagawa08.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 15:31| Comment(6) | TrackBack(1) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

【番外編】鮎いただきました!

 tomoさんに釣りたての鮎を送ってもらいました!
 揖保川支流引原川で釣れた鮎です。
 思わず狂喜乱舞しました。オイカワ、ウグイなどの五目釣りは昔やってたんですが、ヘタクソで一向に釣れるようにならないのでいつの日からか興味を失っていたのですが、こと川魚を食べるのに関しては相変わらず大好きなのです。

080621lana11.jpg

 自分に関係ないと知ったラナは超つまんなさそうです。

080621lana06.jpg

 冷蔵庫で解凍した後、塩で揉みます。
 何だか内容が「花鳥料理2000」みたいですね。

080621lana14.jpg

 炭でじっくり焼いて水分を取りたいところですが、あいにく自宅には設備がないのでガスコンロで焼きました。

080621lana15.jpg

 ちびちびと大事に食させていただきます。tomoさん、ホントにありがとうございました〜。
ニックネーム ラナ父 at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

30-1 湧水と山葵堪能ツーリング(万水川1)

水位:0.94m(陸郷) 気温:20℃(松本) 天気:晴れ
区間:県民豊科運動広場〜三川合流地点(押野)〜荻原
メンバー:元やんファミリー、AZMAX,野人、後輩1号(回送)

 龍門渕公園にて一泊し、早朝に県民豊科運動広場へ。今日は安曇野の湧水を集めて流れる万水川(よろずいがわ)を下るのです。

  万水川は、拾ヶ堰(じっかせき)地点から北東に流下し、帯広川などをあわせ穂高町白金付近にて犀川に注ぐ信濃川水系の一級河川(二次支川)です。流路延長7.7km,流域面積69ku。流域には広大な水田の他、豊富な湧水を利用したワサビ田が数多く見られるのが特徴です。

 この万水川、実は水源がどこなのかイマイチ理解できていません。地図を見ても縦横に網の目のように水路が張り巡らされており、かなり複雑だからです。水路が立体交叉しているところも多々あります。拾ヶ堰用水路(奈良井川→烏川)からの流出部が起点のようでもありますが、尻なし川の黒沢川とも人工的に繋がっているようです。要確認です。

 去年、一昨年は高瀬川を下ったので、かれこれ三年ぶり三回目のダウンリバーとなります。高瀬川は周囲に誰もいなかったのに比べ、こちらはえらい人で賑わっています。さすがはカヌーツーリングの王道コース。
 しかし流れが速く、また途中で休憩できるような川原もありませんので漕ぎ出したら止まれません。一定の速度で進むので、追い付いたり追い越されたりすることもなく、のんびりと下れます。


大きな地図で見る

 スタートしてしばらくは水量が少ない。こんなに少なかったかな?
 ラナは昨日の鬱憤を晴らすかのごとく飛び込みますが、足が届くので川の中を走っています。しかし下るにつれ、清冽な湧水が少しずつ流れ込み、徐々に水量が増えてきました。

 ところどころに小さな白い波が立っています。カナディアンに乗っていた元やんさんの長女が、
 「あの白いところがいい〜!」
 と言い、スターンの父親が慌てて
 「ああ、(ホワイトウォーターに)目覚めたらあか〜ん」と止める。

 父は安全を考えチキンルートを選んでいたのですが、娘には物足りなかった様子でした。そんな微笑ましい会話を経て、蓼川出合に到着。ここから上流に50mほど遡れば大王わさび農場があります。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越>万水川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30-2 大河犀川へ(犀川1)

水位:0.94m(陸郷) 気温:20℃(松本) 天気:晴れ
区間:県民運動公園〜三川合流地点(押野)〜荻原
メンバー:元やんファミリー、AZMAX,野人、後輩1号(回送)


 犀川(さいがわ)は、北アルプス槍ヶ岳(3,180m:百名山)に源を発し、上高地を南流。松本にて右支川奈良井川、安曇野にて左支川高瀬川、穂高川、万水川などを合わせ、長野市川中島付近にて千曲川に注ぐ信濃川水系の一級河川(一次支川)です。奈良井川より上流は一般的に梓川と存ばれます。流路延長は152.7km,流域・積は3,054.5uです。

 大河です。たぶん本日は水量が多めなんでしょうけど。すぐお隣を流れる穂高川、高瀬川を加えてさらに水量が増加しました。

 「槍で別れた梓と高瀬 巡り会うのが 押野崎」(安曇節)

 いわゆる三川合流地点と存ばれるところです。

 ところどころ小さく波立っていますが、川幅が広いのでかわすのは容易です。カナディアンは波を避け、ダッキーとポリ艇は波に向かう。

080615yorozui33.jpg

 続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越>犀川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

29 第14回にじますカップ(前川1)

水位:測定不可[参考:0.90m(陸郷)] 気温:24℃(松本) 天気:晴れ
区間:龍門渕公園(スラローム区間) メンバー:元やんファミリー、AZMAX,野人、後輩1号(応援)

 出場者日本最大級の草スラローム大会「にじますカップ」に今年も参戦してきました!
 スラローム大会というと競技色が強いレースというイメージがありますが、「にじますカップ」では「勝ち負け」よりも「楽しさ」に重点が置かれており、上級者から初心者までスキルに関係なく楽しめる大会となっているのが特徴です。

 具体的に言えば、こんな感じです。

 @艇のクラス分けが多岐に渡る。
 スラ艇やカナディアンだけでなく、ポリ艇部門やマスター部門(50歳以上)、ファルト部門や「何でもアリ」のその他部門が設けられています。ダッキーでもその他部門で参加できます。親子での参加は無論、わんことの参加もOKです。
 スラ艇は乗ってないけどスラをやってみたい、家族と楽しみながら下りたい、自己タイムを更新したい、ハイレベルなレースで入賞したい…。十人十色の参加目的を叶えるのがこの多岐に渡るクラス分けであり、にじますカップの最大の特徴ではないかと思っています。

 A特別賞の存在。
 上位入賞以外にも、「大会を盛り上げた(=観客を楽しませた)」参加者には特別賞が授与されます。ネタを仕込んで特別賞を狙うというのも立派な目標になりえると思います。
 ちなみにラナ(私ではなく)は2005年の第11回大会で受賞しました。そして最高の特別賞「にじますカップ」は、昨年の第13回大会においてアズマックス(と女優R)が見事に獲得しました。

 B明科の名産物を楽しめる。
 毎年参加賞として地元の名産にじますの甘露煮などがもらえます。昼食にはにじますのフライが出ます。川魚大好きな私にはたまらないご馳走です。また入賞すれば、地酒「廣田泉」がもらえます。

 長良川WWFでスラを初体験し、興味を覚えましたが、かといってラナを放置してスラ艇に乗るなんてことはできません。その点、このにじますカップでは、ダッキーでわんこと一緒に乗ったままレースに参加できます。そのため、会場が長野県旧明科町(現安曇野市)という、大阪から約400km離れたクソ遠い地でも初出場の2004年以降、毎年欠かさず出場させてもらってきました。
 関東に転居した今年は、距離的には約220kmと随分短縮されたとはいえ、奥様の体調次第だったので出場は正直微妙だと考えていましたが、最終的に何とか出ることができました。

 周囲では、福島カヌー教会の元やんさんとそのご家族がはるばる福島から400km以上の道のりを走破して初参加です。ポリ艇N1部門だそうで。
 去年のにじますカップ受賞者アズマックスとその後輩野人「レオンと野人」がはるばる姫路から参加。スパイダーマン芸を披露した去年と異なり、今年はマジメに漕ぐらしい。名艇アキレスKX-375でその他部門出場です。

080614nijimasu001.jpg

 会場にはなんとKYOKOさんも来てはりました。女性のポリ艇FP1部門に出場するらしいです。自転車に乗って颯爽と走るアルプスの少女ミケさんもお会いしました。長良川でキャンプして以来です。ヘルメットにはにじますが乗っていました。またゴールデンレトリーバーのバニラとダッシュにも再会しました。にじますカップは出会いの場でもあります。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 16:32| Comment(4) | TrackBack(1) | 甲信越>前川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

28 日原渓谷ロワーを下る(日原川2)

水位:?m(測定不可)〔参考:-2.30m(調布橋)〕 気温:20℃(小河内) 天気:曇り
区間:平沢橋〜氷川国際ます釣場手前(約2.5km) 所要時間:約210分
メンバー:元王子、Actonさん、G君、後輩1号(旧国民1号)(回送)


 いよいよ鮎釣りが各地で解禁となりました。ご近所の川の解禁日は以下の通りです。

 桂川 6/1(日) 10,000kg
 荒川上流 6/1(日) 4,240kg
 奥多摩川 6/15(日) 4,500kg 
 丹波川 7/5(土) 350kg

 ■参考…山梨県漁協連合会

 流量の割に放流量の多い川(≒釣竿密度の高い川)では、ダウンリバーの楽しさより竿避けのストレスのほうが上回る場合もあります。よって鮎シーズンは以下の方針に従って行動したいと思います。

 @増水時を除き小河川は自粛する(例:桂川)
 Aカヌーの多い・遊船が航下する川を下る(例:多摩川、荒川)
 B鮎のいない川を下る

 Bの候補となりえるのは夏でも低水温の河川上流域。あと、ダムや堰堤がなく、一級品の清流であれば最高です。その条件を満たすのは、近所では多摩川水系の丹波川と日原川ではないかと考えています。尤も日原川は「渓流釣場」で寸断されていますが。

 近所には相模川水系もありますが、ここは本川、支川訪れるところいずれもダムや堰堤ばかりというイメージが強い。それだけに丹波川、日原川がいかに貴重な存在であるかが浮彫りになってきます。
 で、本日の行き先はその日原川にしました。予定セクションは前回下ったとこより下流域です。メンバーは、退位表明し悄然としている王子と、陸ではいつも呆然としているG君、そして今朝にして突然参加表明されたActonさんの計4名。

 予定していたこのロワー区間、右岸沿いには日原街道が走っていますが、谷がかなり深いため降りられず、ほとんど川相が確かめられません。
 一方、左岸沿いは氷川国際ます釣場から少し上流の集落で道が途絶えています。つまり、予期せぬ事態が発生しても容易にはエスケイプできないということです。これは、過去下った川の中で最もハイリスクな部類に入ります。

 まずインとアウトを設定。事前に地図を見てある程度絞り込んではいましたが、適当なテイクアウト地点がなかなか決まらず苦労しました。
 上述の通り車道から川相はほとんど確認できませんので、下見はほぼすっ飛ばしでプットイン地点まで直行。さあ、いよいよ出発です。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東>日原川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする